サポートセンターホーム


9.ルーティングアラート

LogicMonitorを使用すると、アラート通知を組織内のさまざまなチームにルーティングできるため、問題が発生したときに適切な人に通知されます。 アラート通知は、電子メール、テキストメッセージ、または音声通話で配信できます。 アラート通知は、サードパーティのチームコラボレーションシステム(ServiceNow、PagerDutyなど)に配信することもできます。 受信者がアラートを処理または応答できない場合、アラートはエスカレーションチェーン内の次の人に自動的に送信されます。このプロセスは、アラートが確認またはクリアされるまで繰り返されます。

LogicMonitorのアラートルーティングを構成するXNUMXつの主要なコンポーネントがあります。

  • アラートルール。 アラートがトリガーされると、アラートルールはアラートのルーティング先となるエスカレーションチェーンを指定します。 詳細については、を参照してください。 アラートルール.
  • エスカレーションチェーン。 エスカレーションチェーンは、アラート通知の送信先となるユーザー(またはサードパーティアプリケーション)を指定します。 詳細については、を参照してください。 エスカレーションチェーン.

デフォルトでは、LogicMonitorアカウントには、すべてのアラートに一致するように構成されたアラートルールが付属しています。 これらのルールは、受信者がいないエスカレーションチェーンを指します。 これは、これらのルールに一致するアラートはルーティングされず、LogicMonitorインターフェイスにのみ表示されることを意味します。 これらのデフォルトのアラートルールを受信者に配信する場合は、エスカレーションチェーンの受信者をさらに構成できます。

これらのデフォルトルールをそのまま使用する場合は、それらの値を変更してください 優先 フィールドをより大きな値に。 で説明したように アラートルール、これにより、同じアラートに対して他のカスタム(またはより具体的な)ルールがトリガーされない場合にのみトリガーされるようになります。

次のステップ

データポイントのしきい値とアラートルーティングを構成したら、次に進むことができます。 ダッシュボードの設定 監視対象データを表示します。

記事上で