サポートセンターホーム


コレクターSDT

LogicMonitorデバイスの場合と同じように、コレクターのダウンタイム(SDT)をスケジュールできます。 コレクターのSDTを作成すると、SDT中にトリガーされたコレクターダウンアラートのアラート通知が抑制されます(これらのアラートは引き続きLogicMonitorアカウントに表示されます)。 メンテナンスウィンドウまたはその他の予想されるダウンタイム中にコレクターをSDTすることをお勧めします。 コレクターがSDT内にあるときにダウンした場合でも、割り当てられているすべてのデバイスがバックアップコレクターにフェイルオーバーされ、このフェイルオーバーが通知されます。

SDTのコレクターに起因する意図しないアラート抑制を防ぐために、コレクターSDTを一般的なホスト/グループSDTから分離します。

[設定] | [設定]から、XNUMXつのコレクターまたは複数のコレクターに適用されるSDTを追加できます。 コレクター。

XNUMXつのコレクターにSDTを追加する

目的のコレクターのSDTを選択してから、[SDTの追加]を選択します。

複数のコレクターにSDTを追加する

目的のコレクターの左側にあるチェックボックスをオンにして、[Put inSDT]を選択します。

XNUMX回限りのSDTをスケジュールすることも、毎日、毎週、または毎月のSDTをスケジュールすることもできます。 SDTにメモを追加して、アカウント内の他のユーザーにコンテキストを提供します。

記事上で