EAコレクター32.100

LogicMonitor EA Collector 32.100は3年2022月XNUMX日にリリースされ、次の更新と修正が含まれています。

機能強化

Netscanポリシーに次の改善を加えました。

  • CIDR範囲をスキャンするときにネットワークアドレスとブロードキャストアドレスを含めるか除外するように、Netscanポリシーを個別に構成できるようになりました。 
  • NetscanUIに新しいトグルを追加しました。 トグルが無効になっている場合、Netscanポリシーは、CIDR範囲を通過したときにネットワークまたはブロードキャストアドレスをスキャンしません。 有効になっている場合、Netscanポリシーには、スキャンしているCIDR範囲のネットワークアドレスとブロードキャストアドレスが含まれます。 このトグルは、CIDR表記にのみ適用されます。

バグの修正

  • ブートストラップインストールバイナリを再利用しようとしたときにコレクターブートストラップのインストールが失敗する問題を修正しました。
  • agent.confファイルにコレクタプロキシプロパティ(proxy.hostおよびproxy.port)が入力されていないために、リモートセッションが接続に失敗する問題を修正しました。

既知の問題

  • コレクターのバージョンでは、WindowsServer2019のIPMIでメモリリークの問題が発生することがわかっています。IPMIでデバイスを監視する必要があるコレクターではWindowsServer2022を使用することをお勧めします。

今後

  • ほとんどのお客様は、MongoDBインスタンスを監視するためにスクリプトベースのデータソースにすでに移行しているため、今後のLogicMonitor EA Collector 32.200では、MONGOを個別のコレクタータイプとして使用できなくなります。 他のコレクタータイプを使用して、MongoDBリソースを引き続き監視できます。 詳細については、を参照してください。 MongoDBモニタリング。 これが多くのお客様に影響を与えるとは思われません。 詳細については、を参照してください。 MongoBDコレクタータイプの削除に関する通知.
記事上で