SNMP SysOID マップの構成

最終更新日: 21 年 2023 月 XNUMX 日

SNMP SysOID マッピングは、デバイスが最初に追加された後、または Active Discovery が実行された後に、SNMP をサポートするすべてのデバイスに適用されます。 コレクターは次のように報告します。 sysinfo および sysoid プロパティは LogicMonitor サーバーに返され、このデータはデバイス プロパティとして保存されます。 次に、サーバーは OID からカテゴリへのマッピングを使用して、システム カテゴリをデバイスに適用します。 LogicMonitor は、マッピングによって見つかったカテゴリを system.categories デバイスの [情報] タブのプロパティ。

SNMP SysOID マップの構成

SNMP SysOID をシステム カテゴリ マッピングに設定できます。 正規表現を使用して、複数の OID を XNUMX 行で表現します。

  1. LogicMonitor のナビゲーション メニューで、 モジュール.
  2. My Module Toolbox から、 追加 .
  3. [追加] ウィンドウで、 SNMPSysOIDマップ
    [新しい SNMP SysOID マップの追加] ウィンドウが表示され、[情報] タブが含まれています。
  4. [情報] タブで、次の情報を入力します。
    • 正規表現: 詳細については、を参照してください。 AppliesToスクリプティングの概要.
    • カテゴリ: OID の SNMP に関連付けるカテゴリ (Net-SNMP、SNMPHR、TCPUDP) を指定します。 system.categories 財産。 このカテゴリは、適用される DataSource を決定します。 詳細については、次を参照してください。 AppliesToスクリプティングの概要.
  5. 選択 セールで節約.
  6. 選択 コミット バージョン.

追加情報

記事上で