サポートセンターホーム


監視できるようにジョブを実行する

LogicMonitorがバッチジョブを監視するには、LogicMonitorが提供するラッパーのXNUMXつで実行する必要があります。 ラッパーは、WindowsシステムとLinuxシステムの両方に提供されています。 リブ コレクターのディレクトリ、 logicmonitor / agent / lib.

  • Windowsラッパーは lmbatchjobwrapper.js
  • Linuxラッパーは lmbatchjobwrapper.sh

Requirements

バッチジョブのステータスは、デフォルトでTCPポート7214でコレクターに報告されます(このポートは、 コレクターのagent.conf)。 したがって、バッチジョブを実行しているシステムは、コレクターのTCPポート7214または構成済みのポート(変更した場合)に到達できる必要があります。

  • Linuxサーバーでバッチジョブを監視している場合、LinuxラッパーにはPerl :: LWPが必要です。 これはほとんどのシステムに存在し、そうでない場合は、パッケージマネージャー(yum install perl-libwww-perlなど)またはCPANを介して簡単にインストールできます。
  • Windowsラッパーに追加の要件はありません。

ラッパーの使用

WindowsとLinuxの両方のバッチジョブラッパーは同じ方法で使用され、同じパラメーターをサポートします。

[ラッパースクリプト]

パラメーター

製品説明

[ラッパースクリプト] 「lmbatchjobwrapper.js」(Windowsの場合)または「lmbatchjobwrapper.sh」(Linuxの場合)のいずれか。 これらのスクリプトは、LogicMonitor Collectorインストールのlibディレクトリから取得して、バッチジョブが実行されるシステムにコピーできます。
結果を報告するコレクターのIPアドレスまたはDNS名(TCPポートを含む)(デフォルトでは7214ですが、これはコレクターのagent.confファイルで変更できます)。
バッチジョブを実行しているシステムの名前。 これは、LogicMonitorで定義されているように、バッチジョブデータソースが関連付けられているシステムの名前または表示名のいずれかと一致する必要があります。
バッチジョブを実行しているシステムのIPアドレス。 これは、ホスト名の代わりに使用できます。
LogicMonitorのバッチジョブ定義で定義されているバッチジョブの名前。 バッチジョブ名にスペースが含まれている場合は、引用符で囲む必要があります。
パラメータを含む、実行するバッチジョブ。 Windowsでは、ジョブとパラメーターを引用符で囲む必要があります。

記事上で