人形の監視

LogicMonitorのPuppet監視パッケージは、Puppet Server APIとSNMPを利用して、パフォーマンスと状態のメトリックを監視し、PuppetServerとPuppetAgentの可用性のステータスを警告します。

互換性

パッケージリリースの2022年XNUMX月の時点で、LogicMonitorのPuppetパッケージは以下と互換性があることがわかっています。

  • PuppetAgentプロセスモジュールのバージョン4から7
  • 残りのPuppetモジュールのバージョン7以降

Puppetが新しいバージョンのPuppetをリリースすると、LogicMonitorは必要に応じてカバレッジをテストおよび拡張します。

セットアップ要件

  • コレクターバージョン30.000以降。
  • プロセスを監視するには、PuppetエージェントデバイスでSNMPを有効にする必要があります。
  • ファイルlast_run_summary.yamlには、他のユーザーが最終実行メトリックを収集するための完全な読み取り権限を付与する必要があります。
  • コレクターからポート8140への着信呼び出しを許可して、Puppetサーバーを監視します。

モニタリングにリソースを追加する

Puppetホストを監視に追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

リソースへのプロパティの割り当て

次のカスタムプロパティは、LogicMonitor内のPuppetAgentリソースに設定する必要があります。 プロパティの設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ
ssh.userSSHユーザー名
ssh.pass(オプション、SSH構成によって異なります)SSHパスワード
ssh.publickey(オプション、SSH構成によって異なります)SSH公開鍵および秘密鍵ファイルパス
system.category「PuppetServer」または「PuppetAgent」を追加します。 この値は、addCategory_puppetによって入力されます。 この値をsystem.categoryプロパティのカテゴリとして手動で追加することもできます(PuppetAgentがPuppetServerでも実行されているが、正しく識別されていない場合など)。
puppetmaster.port(オプション)PuppetServerはデフォルトでポート8140を使用します。 変更は、サービス構成に基づいてpuppetmaster.portホストまたはグループプロパティで行うことができます。

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorパブリックリポジトリから、にリストされているすべてのPuppetLogicModulesをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。 LogicModulesがインポートされると、データ収集が自動的に開始されます。

考慮事項と警告

  • (推奨)puppetパブリックフォルダーにlast_run_summary.yamlの適切な読み取り権限を設定して、Puppet Agent LastRunMetricsモジュールが正しく実行されるようにします。 「puppetagent-t」をシステムで手動で実行すると、権限が元の設定にリセットされる場合があります。 可能であれば、アクセス許可を自動化して、スクリプトが常にファイルへの読み取り専用アクセス権を持っていることを確認することをお勧めします。

トラブルシューティング

  • ファイアウォールがコレクターからPuppetサーバーへのポート8140をブロックしている場合、またはlast_run_summary.yamlファイルにPuppetエージェントの適切な読み取り権限が付与されていない場合、「データなし」が生データに返されることがあります。
  • エラーが発生した場合は、debug = trueを設定してスクリプト内でデバッグを有効にし、スクリプトエラーについてより多くの洞察を得ることができます。

パッケージ内のLogicModules

Puppet用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名種類製品説明
addCategory_PuppetプロパティソースPuppetServerまたはPuppetAgentがデバイスで実行されているかどうかを判断し、対応するカテゴリを追加します。
Puppetサーバールート統計データソースエージェントがこのサーバーへの接続に使用するルートに関する情報を含む詳細をPuppetサーバーから返します。
PuppetサーバーのJVMリソースデータソースPuppetサーバーのリソース使用率に関するJVMメトリックからの詳細を返します。
PuppetサーバーのJVMNIOバッファープールデータソースPuppetサーバーのJVMNIOバッファープールメトリックを返します。
PuppetサーバーのJVMメモリプールデータソースPuppetサーバーのJVMメモリプールのメトリックを返します。
PuppetサーバーのJVMガベージコレクションデータソースPuppetサーバーのJVMガベージコレクションメトリックを返します。
PuppetサーバーJRuby統計データソースPuppetServerがエージェント要求を実行するJRubyプールに関する情報を含む詳細をPuppetServerから返します。
PuppetProfilerの統計データソースカタログのコンパイルに関する統計を含む詳細をPuppetProfilerから返します。 どの機能またはリソースが最も多くのリソースを消費しているか、または最も頻繁に使用されているかを検出します。
人形エージェントプロセスデータソースPuppetAgentプロセスのステータスを追跡します。
PuppetAgentの最終実行メトリックデータソースpuppetエージェントで最後に実行されたPuppetに関するメトリックとイベントの詳細を取得します。

このパッケージのデータソースには、事前定義されたデータポイントのしきい値は含まれていません(つまり、収集されたデータに基づいてアラートがトリガーされることはありません)。 これは、テクノロジの所有者が、大多数のユーザーに確実に拡張できるKPIを提供していないためです。 で説明されているように、収集されたデータのアラートを受信するためのカスタムしきい値を手動で作成します データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で