サポートセンターホーム


デバイスの管理、削除、および復元

デバイスの構成の管理

デバイス構成は、「リソース」ページから管理されます。 リソースツリーでデバイスに移動し、[ 管理 次のスクリーンショットに示すように、[リソース]ページの右上隅にあるボタン。 [管理]ダイアログから更新できる構成の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

デバイスの削除

デバイスは[リソース]ページから削除されます。 LogicMonitorは、削除時にXNUMX日間の猶予期間を提供し、削除されたデバイスとそのすべてのデータを復元することを選択できます。

重要: リソースが完全に削除されると(XNUMX日間の猶予期間が終了すると)、リソースの履歴は保持されません。 デバイスと 関連するデータの一部が削除されます。 データ保持ポリシーの詳細については、を参照してください。 Data Retention.

デバイスを削除するには:

  1. リソースツリーでデバイスに移動します。
  2. ストリーミングを停止する場合は上部の 管理 [リソース]ページの右上隅にあるボタン。
  3. 表示される[管理]ダイアログの一番下までスクロールして、 削除.

  4. プロンプトから、 システムから削除しますか? オプションをクリックして 削除.

    注意: このプロンプトから、代わりにデバイスをその親グループから削除することを選択できます。 これにより、デバイスが削除されるのではなく、リソースツリーで現在アクティブになっている親グループのメンバーとしてデバイスが削除されます。 デバイスが他のグループのメンバーである場合、それらの関係はそのまま残ります。 デバイスを動的グループから手動で削除することはできません。 デバイスグループの詳細については、を参照してください。 デバイスグループの概要.

    さらに、リソースツリーからデバイスを削除した場合は、リソースツリーが更新されるまで5分間待ってから、NetScanを再実行する必要があります。 見る NetScanの実行.
  5. 削除すると、次のセクションで説明するように、デバイスとそのすべてのデータは最近削除されたフォルダーに移動され、XNUMX日間回復できるようになります。

デバイスの復元

デバイスが削除されると、そのデバイスは、リソースツリーのデバイスリストの上部に動的に表示される最近削除されたフォルダーにXNUMX日間保持されます。 この間、リソースツリーのルートディレクトリに対する管理権限を持つユーザー(通常は管理者)は、削除されたデバイスとそのすべてのデータを復元することができます。 (削除されたデバイスグループは、最近削除されたフォルダにも保持されます。を参照してください。 デバイスグループの削除と復元 デバイスグループの削除の詳細については。)

注意: を持っているクラウドデバイス 終了したaws / azureリソースを自動的に削除します 構成されたオプションは回復できません。

デバイスを復元するには:

  1. リソースツリーから、最近削除されたフォルダを開きます。

  2. 復元するデバイスを見つけ、その左側にチェックマークを付けて、[ 回復する.

    注意: 最近削除されたフォルダの上部にあるフィルタと検索ツールを使用して、回復するデバイスをすばやく見つけます。

  3. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 Ok 確認プロンプトで。
  4. LogicMonitorは、デバイスとそのすべてのデータを復元します。

    注意: LogicMonitorは、デバイスを削除時と同じ状態に復元しようとしますが、その状態、または関連するLogicModule(DataSource、EventSourcesなど)の状態が削除後に変更された場合、LogicMonitorは変更されない可能性があります。復元時に以前の状態と正確に一致させることができます。

記事上で