サポートセンターホーム


マップウィジェット

LogicMonitorは、オフィスとホストの場所をGoogleマップにアラートステータスとともに表示できます。 この機能はGoogleMaps APIを使用し、カスタムに依存します location 表示したいホストごとに設定されているプロパティ。 プロパティの作成の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.


Googleマップウィジェットの作成

マップウィジェットの作成を開始し、すべてのウィジェットに共通の設定(タイトル、説明、更新頻度、スキーマなど)を確立する手順については、を参照してください。 ウィジェットの追加と構成.

一意のマップウィジェット設定の構成

グーグルマップオプション

このセクションでは、マップに表示するデバイスとアラートの重大度を選択します。 +アイコンをクリックして、テーブルに行を追加します。 終了したら、行を保存します。

世界 location デバイスグループまたは個々のデバイスに対して確立されたプロパティは、物理的な場所を決定するために使用されます。 このデバイスに割り当てられる値は、住所や緯度/経度の座標など、Googleが認識できる任意の場所にすることができます。 プロパティの作成の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

注意: マップウィジェットごとに最大400のロケーションポイントを追加できます。 アイテムが100を超えると、ノードアニメーションは無効になります。

表示するアラートの重大度

マップに表示するアラートの重大度を選択します。 選択したデバイスからアラートが発信されているが、選択したアラートの重大度と一致しない場合、アラートは表示されません。

リソースグループとリソース

マップウィジェットの表示をXNUMXつ以上のデバイスのグループまたは個々のデバイスに制限するには、[ + 前のスクリーンショットに示すように、アイコンを使用してリソースグループを選択し、オプションで個々のリソースを選択します。

グーグルマップスタイル

LogicMonitorは、複数のGoogleマップスタイリングをサポートしています。 から目的のスタイルを選択します テーマを選択 フィールドのドロップダウンメニュー。

記事上で