サポートセンターホーム


Linuxコレクターのトラブルシューティング

LinuxCollectorの一般的な問題のトラブルシューティングに役立つヒントをまとめました。

ネームサービスキャッシングデーモン(NSCD)

LogicMonitor Collectorは、DNSクエリを実行して、監視しているホストを解決し、データを報告するLogicMonitorサーバーを決定します。

NSCDを実行している場合は、正のDNSTTLを尊重していることを確認する必要があります。 たとえば、RedHat ES / CentOSでは、glibc-2.5-24以前はDNS TTLを正しく尊重しません。つまり、新しいバージョンを実行するか、NSCDを無効にする必要があります。

NSCDがXNUMX時間古いレコードを返す場合、デバイスを監視する機能とLogicMonitorデータセンター間の通信に影響を与えます。

SE Linux

Linuxの一部のディストリビューション(RedHat、CentOS、Fedoraなど)では、Security-Enhanced(SE)Linuxが有効になっている場合があります。これにより、コレクターの監視機能に影響を与える可能性のあるアクセスとアクセス許可が制限される場合があります。

使用 /usr/sbin/getenforce or /usr/sbin/sestatus SELinuxのステータスをチェックするコマンド。

  • 世界 getenforce コマンドは戻ります EnforcingPermissiveまたは Disabled。 コマンドは Enforcing SELinuxが有効になっている場合。
  • 世界 sestatus コマンドはSELinuxステータスを返します(Enabled, Disabled)とモード(Enforcing, Permissive, Passive) 使用されています。

Linuxサーバーで監視の問題が発生していて、SE Linuxが有効になっている場合は、許容モードを使用してログを確認し、問題を特定できる場合があります。

setenforce Permissive

許容モードでは、強制モードでは拒否されるアクションが許可されるため、より多くの拒否がログに記録されます。 Collectorサービスを許可モードで実行し、SE Linuxログを実行して有効にする必要のあるアクセス許可を特定したら、必要なアクセス許可を有効にする必要があります。

SE Linuxを強制モードに戻すには、以下を実行します。

setenforce 1

記事上で