VMwareNSX-Tモニタリング

最終更新日: 17 年 2023 月 XNUMX 日

LogicMonitorのVMwareNSX-T監視パッケージは、VMware NSX-TデータセンターAPIを利用して、クラスター、クラスターマネージャー/コントローラー、エッジ、ファイアウォール、ロードバランサー、およびその他の仮想化されたNSX-Tネットワークコンポーネントのメトリックを監視およびアラートします。

互換性

2022年2.4月の時点で、LogicMonitorのVMwareNSX-TパッケージはNSX-TAPIバージョン3.2〜XNUMXと互換性があります。

注: このモニタリングパッケージは、以前のバージョンのNSX-T APIで動作する可能性がありますが、まだテストされていません。 メジャーバージョン間でNSX-Tクラスターの構造が変更されたため、APIバージョン2.xを実行しているユーザーは、一部のデータソースの一部のデータポイントのデータを収集できない場合があります。 見る VMware NSX-TAPIドキュメント.

セットアップ要件

監視にリソースを追加する

VMwareNSX-Tクラスターホストをモニタリングに追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

資格情報を取得する

LogicMonitorは、基本認証を使用してNSX-T APIにクエリを実行し、NSX-Tリソースのデータにアクセスするための適切な資格情報を提供する必要があります。 NSX-Tクラスターマネージャーでは、RESTAPIリクエスト用にホストとコレクターの間でポート443 / TCPを開く必要があります。 これらの資格情報は、次の最小権限が割り当てられているユーザーアカウントに属している必要があります。

職種 Description
読み取り専用の このパッケージで行われるすべてのAPI呼び出しは、読み取り専用アクセスと互換性があります。

ユーザーとロールの構成の詳細については、VMwareNSX-Tのドキュメントを参照してください。

リソースにプロパティを割り当てる

次のカスタムプロパティは、LogicMonitor内のVMwareNSX-Tリソースに設定する必要があります。 詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ
nsx.api.user REST API のユーザー名。
nsx.api.pass REST API パスワード。
システム カテゴリ VMware_NSX-Tは、PropertySourceaddCategory_VMware_NSXTによって自動的に追加されます。

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorパブリックリポジトリから、このサポート記事の「パッケージ内のロジックモジュール」セクションにリストされているすべてのVMware NSX-TLogicModuleをインポートします。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。

LogicModulesがインポートされると(以前のセットアップ要件がすべて満たされていると仮定して)、データ収集が自動的に開始されます。

考慮事項

NSX-Tデバイスを監視する場合、一部の集計統計は、更新頻度についてAPIによって制限されます。 このため、デフォルト構成よりも低いデータ収集間隔をカスタマイズすることはお勧めしません。

トラブルシューティング

エラーが発生した場合、データソースはエラーメッセージをコンソールに出力します。 これらのエラーは、データを手動でポーリングすると、出力(各データソースの[リソース]ページから表示される[生データ]タブから)で確認できます。 エラーが発生した場合でも、データソースは利用可能なデータの収集を試みます。

パッケージ内のLogicModules

VMware NSX-T用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名 Description
addCategory_VMware_NSXT プロパティソース VMwareNSX-Tの有効なクレデンシャルを確認します。 プロパティnsx.api.userおよびnsx.api.passが必要です。
addERI_VMware_NSXT プロパティソース VMwareNSX-TAPIからのデータを使用してERIを設定します
NSXTクラスターコントローラーノードファイルシステム データソース 各クラスターノードのファイルシステムの使用。
NSXT ClusterManagerノードファイルシステム データソース 各クラスターマネージャーノードのファイルシステムの使用状況。
NSXTクラスターノード データソース 各クラスターノードのCPUとメモリ。
NSXTクラスターノードのネットワークステータス データソース 送受信されたパケットのインターフェース統計を表示します。
NSXTエッジクラスター データソース NSX-Tエッジクラスターのステータス情報。
NSXTファイアウォール データソース ファイアウォールセクションごとのファイアウォール使用統計。
NSXTファイアウォール論理ルーターポート データソース 個々の論理ルーターポートのファイアウォール統計。
NSXTIPプール データソース IPプールの使用状況の指標。
NSXT最新のバックアップ データソース クラスタ、ノード、およびインベントリの最新のバックアップのステータス。
NSXTロードバランサープール データソース ロードバランサープールの現在の動作ステータスと送信統計。
NSXTロードバランサーサービス データソース ロードバランササービスの現在の動作ステータスと送信統計。
NSXTロードバランサー仮想サーバー データソース ロードバランサー仮想サーバーの現在の運用ステータスと送信統計。
NSXT論理ルーター データソース 論理ルーターの高可用性情報。
NSXT論理ルーターBGP データソース Tier 0BGPネイバーのステータス。
NSXT管理クラスターのステータス データソース NSX-Tの制御および管理の役割のステータス情報。
NSXTトランスポートノードファイルシステム データソース 各トランスポートノードのファイルシステムの使用。
NSXTトランスポートノード データソース 各トランスポートノードのCPUとメモリ。
NSXTトランスポートゾーン データソース 各トランスポートゾーンの論理スイッチ情報を監視します。
VMware_NSXT_トポロジ トポロジーソース VMwareNSX-Tトポロジをマップします。

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で