サポートセンターホーム


EAコレクター-25.400

12.18.17に公開

EA Collector 25.400は18年2017月XNUMX日にリリースされ、以下が含まれます。

改善点:

  • WMIのパフォーマンスと容量が向上しました。
  • Active DiscoveryおよびAuto-Propertyプロセスが改善され、タスクの重複を防ぎ、メモリ使用量を削減しました。
  • SNMP ActiveDiscoveryタスクのタイムアウトを300秒に増やしました。 これは、agent.confのad.snmp.walk.timeoutパラメーターを介して変更できます。
  • snmpwalkタイムアウトロジックが改善されました。
  • スクリプト化されたデータソースのPollNowでのドイツ語の数値フォーマットのサポート。
  • Windows Collectorインストーラーは、ドメインに参加しているコンピューターで実行されているかどうかを検出し、実行されている場合は「ドメイン」フィールドを有効にするようになりました。
  • 「Accept-Encoding」をgzipに設定してサービスチェックをテストすると、コレクターが「サービスのセットアップ時にGZIP形式ではありません」というエラーを返すことがありました。 これは改善されました。 
  • コレクターのブートストラップをダウンロードしようとしたときにダウンロード速度が遅すぎると、コレクターは自動的に中止して再試行します。

バグ修正:

  • Active Discoveryスクリプトでプロパティごとにインスタンスをグループ化すると、そのプロパティの値が欠落しているインスタンスが検出の成功を妨げる場合がありました。 コレクターが空のプロパティを持つインスタンスをスキップしてスクリプトの実行を続行できるように、これを改善しました。
  • 場合によっては、スクリプト化されたイベントコレクションでワイルドカードパラメータが適切に置き換えられていませんでした。 これは改善されました。
  • WMIタスクによって過負荷になると、コレクターが頻繁に再起動するバグを修正しました。
  • 場合によっては、コレクタープロセスが時間内に終了しないために、コレクターが更新に失敗することがありました。 これらの障害を防ぐために、コレクター更新ロジックを改善しました。
  • 一部のタイムゾーンにより、Windowsイベントコレクションにアラートの開始時刻が正しく表示されませんでした。 これは修正されました。