サポートセンターホーム


Atlassian Statuspage(statuspage.io)モニタリング

LogicMonitorのAtlassianStatuspage(statuspage.io)監視パッケージは、Statuspage APIを利用して、Statuspageによってホストされている公的にアクセス可能なステータスデータを使用してSaaSアプリケーションのステータスを監視およびアラートします。

セットアップ要件

ステータスページホストをモニタリングに追加する

これはサービスであり、監視に追加する物理リソースがないため、Statuspageホストの新しいリソースを手動で作成する必要があります。 StatuspageサービスのURLを使用してリソースに名前を付けます(例:status.logicmonitor.comまたはeventbrite.statuspage.io)。

監視にリソースを手動で追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorリポジトリから、次のセクションにリストされているすべてのStatuspageLogicModulesをインポートします。

LogicModuleがインポートされると、LogicModuleは、次のプロセスを使用して、関連するすべてのリソースに自動的に関連付けられます(そしてデータの収集を開始します)。

  1. PropertySourceは、名前がStatuspage URLとしてフォーマットされているすべてのリソースに対して実行され、StatuspageAPIに指定されたURLのキーを照会します。 キーが見つかった場合:
    • PropertySourceは、 auto.statuspageio_key プロパティ。
    • PropertySourceは、リソースのに「StatusPageIO_Key_Exists」を追加します system.categories プロパティ。
  2. データソースは、「StatusPageIO_Key_Exists」が含まれるすべてのリソースに関連付けられます。 system.categories プロパティ。
  3. コレクターは、[auto.statuspageio_key] .statuspage.io / api / v2 /summary.jsonにステータスデータのクエリを開始します。

注意: 「statuspage」をリソースに追加することで、PropertySourceをリソースに手動で適用できます。 system.categories リソースの。

パッケージ内のLogicModules

Statuspage用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名種類製品説明
addCategory_StatusPageIO_Keyプロパティソースページに関連付けられたAPIキーをキャプチャし、 auto.statuspageio_key プロパティ。 「StatusPageIO_Key_Exists」をに追加します system.categories プロパティ。
StatusPageIO_Service_StatusデータソースStatuspageによって監視されているサービスのステータスを監視し、劣化、部分的な停止、または大規模な停止のステータスを警告します。

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジー所有者のベストプラクティスKPIの推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で