サポートセンターホーム


TopologySourceの概要

TopologySourcesは、トポロジマッピング専用のLogicModuleの一種であり、スクリプト化されたデータソースに似た形式を取ります。 TopologySourcesは、ERIを使用して頂点間の接続を定義します。 TopologySourceの正常な出力は、頂点とエッジで構成されるJSONオブジェクトです。 DataSourcesと同様に、TopologySourcesはすぐに実行できるように作成されており、カスタム構成が必要になることはめったにありません。 見る トポロジマッピングの概要.

ほとんどのネットワークトポロジでは、TopologySourcesはレイヤー2およびレイヤー3の検出プロトコルを利用して、ネットワーク内の多くの監視対象デバイス間の論理関係を定義するために使用される情報を収集します。 たとえば、VLANに関する情報は、特定のOID、WMIクラス、およびAPI呼び出しに含まれています。 VMwareの場合、TopologySourcesはvCenter APIにアクセスして関係情報を収集し、VMMoRefIdsを活用します。

スクリプト化されたTopologySources

トポロジの関係は、埋め込まれたGroovyおよびPowerShellスクリプトを使用して定義できます。 見る 埋め込まれたGroovyスクリプト 影響により 組み込みPowerShellスクリプト.

プロパティベースのTopologySources

GroovyやPowerShellでコードを記述しなくても、既存のホストプロパティに基づいてトポロジ関係を定義できます。

プロパティ名

AppliedToデバイスのホストプロパティの名前。 このプロパティには、これらのホストをリンクするデバイスのERIが含まれている必要があります。 たとえば、AWS EC2 VMをマップされたEBSボリュームにマップするTopologySourceを作成する場合、TopologySourceをすべてのAWS EC2に適用し、このプロパティ名にEBSのERIを使用します。

例: EC2デバイスには次のプロパティがあります。 system.aws.blockDeviceMappings。 このプロパティには、LMでもEBSリソースを識別するために必要なボリュームIDが含まれています。

物件のタイプ

この設定は、照合するプロパティのタイプを示します。 プロパティタイプは次のとおりです。

  • 通常の文字列
  • 文字列配列
  • JSONの
  • JSON配列

選択した場合 JSONの or JSONの 配列、別のオプションが表示されます JSONフィールドERI これは、JSON値で確認するキーをLogicMonitorに指示するJSONセレクターです。 使用可能な各オブジェクトにマップする配列がある場合でも、XNUMXつのJSONオブジェクトのセレクターを提供します。

選択した場合 通常の文字列 or 文字列配列 プロパティタイプの場合、プロセスは同じですが、LogicMonitorは、値全体または配列内の各項目を値全体としてチェックします。

例: ブロックデバイスプロパティの値はJSON配列です。 プロパティタイプとしてJSON配列を選択した後、JSONフィールドERIをvolumeIdとして指定します。

[{"volumeId":"vol-086983d352e47a3a6","deleteOnTermination":true,"deviceName":"/dev/sda1","attachTime":1618918178000,"status":"attached"}]

注意: JSON配列は、JSONオブジェクトを囲む角括弧で示されます。 角かっこがない場合は、JSONのみです。 文字列配列は、の値に似ています。 system.categories、文字列はコンマで区切られます。

エッジタイプ

この設定は、トポロジマップのラインに表示されるエッジタイプラベルを定義します。 ここには何でも入れることができますが、関係を説明する必要があります。

例: 前の例を続けると、エッジタイプに「ストレージ」という名前を付けることができます。

エッジ方向

この設定は、このTopologySourceが適用されるデバイスに対してトポロジ関係が進むべき方向を定義します。

 例: 次の項目を選択します。: 本国行きの EBSボリュームがEC2インスタンスに属しているように見せたいので、方向については。

記事上で