サポートセンターホーム


データポイントの概要

はじめに

データポイントは、監視中に収集されるデータの一部です。 すべてのデータソース定義には、収集および保存する情報と、そのデータを収集、処理、および潜在的にアラートする方法を定義する、少なくともXNUMXつの構成済みデータポイントが必要です。

通常のデータポイントと複雑なデータポイント

LogicMonitorは、通常のデータポイントと複雑なデータポイントのXNUMX種類のデータポイントを定義します。 通常のデータポイントは、収集された生の出力から直接抽出できる、監視するデータを表します。

一方、複雑なデータポイントは、保存する前に、生の出力で利用できないデータを使用して(たとえば、スクリプトや式を使用して)何らかの方法で処理する必要があるデータを表します。

これらXNUMX種類のデータポイントの詳細については、を参照してください。 通常のデータポイント 影響により 複雑なデータポイント それぞれ。

データポイントの構成

データポイントは、データソース定義の一部として構成されます。 LogicMonitorは、すぐに使用できるすべてのデータソースに対して意味のあるデータポイントを作成することにより、多くの作業を行います。 つまり、LogicMonitorを介して監視するリソースの大部分では、データポイントを構成する必要はありません。

ただし、既存のデータソースを新しいデータポイントまたは編集されたデータポイントでカスタマイズしたい場合(またはカスタムデータソースを作成している場合)があります。 このような場合、LogicMonitorはデータポイントの作成/編集をサポートします。 これは、データソース定義のデータポイント領域から実行されます(に移動します 設定|データソース| [データソース名]).

データソース定義のデータポイントセクション

新しいデータポイントを追加したり、既存のデータポイントを編集したりする場合、構成する必要のある設定がいくつかあります。 次のXNUMXつのセクションでは、作成されるデータポイントのタイプに従ってこれらの設定を分類します。

通常のデータポイントと複雑なデータポイントに共通の構成

データポイントタイプ

まったく新しいデータポイントを作成する場合は、それが 通常のデータポイント or 複雑なデータポイント。 これらのオプションは、新しいデータポイントを作成するときにのみ使用できます。 既存のデータポイントの基本タイプを変更することはできません。 通常のデータポイントと複雑なデータポイントの違いの詳細については、 通常のデータポイントと複雑なデータポイント このサポート記事のセクション。

名前と説明

データポイントの名前と説明をに入力します お名前 影響により 製品説明 それぞれフィールド。 ここに入力した名前は、このデータポイントに対して配信されるアラート通知のテキストに表示されるため、名前を意味のあるものにすることをお勧めします(たとえば、aborted_clientsは意味がありますが、datapoint1は意味がありません。これは、「datapoint1毎秒10を超えています。」

注意: データポイント名には、にリストされているように、データポイント式で使用される演算子または比較関数を含めることはできません。 複雑なデータポイント.

有効な値の範囲

定義されている場合、このデータポイントについて報告されるデータは、入力された最小値と最大値の範囲内にある必要があります。 有効な値の範囲 フィールド。 データが有効な値の範囲内にない場合、そのデータは拒否され、データの代わりに「データなし」が保存されます。 で説明されているように データポイントに関するアラート このサポート記事のセクションでは、このデータなし状態のアラートを設定できます。

有効な値の範囲は、外れ値や誤ったデータポイントの計算をフィルタリングするためのデータ正規化フィールドとして機能します。 で説明したように 通常のデータポイント、メトリックタイプのカウンターが割り当てられているデータポイントを処理する場合に特に役立ちます。

アラート設定

データポイントが特定されると、それらを使用してアラートをトリガーできます。 これらのアラート設定は、すべてのタイプのデータポイントに共通であり、 データポイントに関するアラート このサポート記事のセクション。

通常のデータポイント専用の構成

通常のデータポイントに対して完了する必要のある構成は、データソースによって使用されている収集方法のタイプに大きく依存します( コレクタ フィールド、を参照してください データソースの作成).

例えば、 メトリックタイプ 影響により 出力を次のように解釈します フィールドは、SNMPおよびWMIデータ収集メソッドを使用する場合に使用できますが、スクリプトまたはWebページメソッドを使用して返されたステータスコードを評価する場合は使用できません。 これらのフィールドの詳細については、を参照してください。 通常のデータポイント.

さらに、収集する生の出力を指定するフィールド(またはオプションのセット)がありますが、これらのフィールド/オプションの表現は、使用されている収集方法によっても動的に変化します。 たとえば、このフィールドのタイトルは WMICLASS属性 WMIを介して収集されたデータポイントを定義するとき OID SNMPを介して収集されたデータポイントを定義する場合。 同様に、JMXを介して収集されたデータポイントを定義する場合、フィールド MBeanオブジェクト 影響により MBean属性 表示。 また、もうXNUMXつの例として、スクリプトまたはバッチスクリプトを介して収集されたデータポイントを定義する場合、スクリプトソースデータオプションのリストが表示されます。 この動的なraw出力フィールドの構成の詳細については、次のWebサイトで入手可能な個々のサポート記事を参照してください。 データ収集方法 トピック。


これらのデータポイント構成は、SNMP収集方法を使用するデータソースに対して表示されますが、他の種類の収集方法(WMI、スクリプト、JMXなど)については、異なる構成のセットが表示されます。

複雑なデータポイント専用の構成

方法

複雑なデータポイントを、既存の通常のデータポイントまたはリソースプロパティに基づく式として構築している場合( 標準の複雑なデータポイント)、から「式(中置またはrpn)を使用して値を計算する」を選択します。 方法 フィールドのドロップダウンメニュー。

通常のデータポイントや割り当てられたリソースプロパティを操作することでは達成できない、より洗練された方法で収集された生データを処理する必要がある場合は、から「groovyスクリプトを使用して値を計算する」を選択します。 方法 フィールドのドロップダウンメニュー。 これはと呼ばれます Groovyの複雑なデータポイント.

複雑なデータポイントを構築するためのこれらXNUMXつの方法、およびサンプル式とGroovyスクリプトの詳細については、を参照してください。 複雑なデータポイント.

式/ Groovyソースコード

「式(中置またはrpn)を使用して値を計算する」オプションが選択された場合 方法 フィールドのドロップダウンメニューで、標準の複素データポイントの式を 表現 フィールド。

「groovyスクリプトを使用して値を計算する」オプションが選択されている場合は、データポイントの処理に使用されるGroovyスクリプトを入力します。 Groovyソースコード フィールド。

式とGroovyスクリプトを使用して複雑なデータポイントを構築する方法の詳細については、を参照してください。 複雑なデータポイント.

データポイントに関するアラート

データポイントを構成すると、収集されたデータが指定したしきい値を超えた場合、または予期されるデータがない場合にアラートをトリガーするために使用できます。 データソース定義の[データポイント]領域から表示できる[データポイントの追加/編集]ダイアログからデータポイントを作成または編集する場合、アラート条件、アラートトリガーを示す値など、データポイントごとにいくつかのアラート設定を構成できます。明確な間隔、およびアラート通知がデータポイントにルーティングされるときに使用されるメッセージテキスト。

しきい値

データポイントアラートはしきい値に基づいています。 データポイントによって返される値が設定されたしきい値を超えると、アラートがトリガーされます。 データポイントに設定できるしきい値には、静的しきい値と動的しきい値のXNUMX種類があります。 これらのXNUMXつのタイプのしきい値は、互いに独立して、または互いに組み合わせて使用​​できます。

静的しきい値

静的しきい値は、手動で割り当てられた式または値であり、何らかの方法で超過すると、アラートをトリガーします。 データポイントのXNUMXつ以上の静的しきい値を構成するには、[ ウィザード の右側にあるボタン アラートしきい値 フィールド。 このウィザードとそれがサポートする構成の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

注意: データソース定義から静的しきい値を設定する場合、ネットワークインフラストラクチャ内のすべてのリソース(つまり、データソースが適用される可能性のあるすべてのインスタンス)に対してグローバルに設定します。 で説明したように データポイントの静的しきい値の調整、リソースごとまたはインスタンスレベルでこれらのグローバルしきい値をオーバーライドすることができます。

動的しきい値

動的しきい値は、特定のデータポイントの予想されるデータ範囲の境界を表します。 手動で割り当てられる静的データポイントしきい値とは異なり、動的しきい値は異常検出アルゴリズムによって計算され、データポイントの最近の履歴値によって継続的にトレーニングされます。

データポイントに対して動的しきい値が有効になっている場合、これらのしきい値を超えるとアラートが動的に生成されます。 つまり、異常値が検出されるとアラートが生成されます。

データポイントのXNUMXつ以上の動的しきい値を構成するには、 動的しきい値 右のスライダー。 動的しきい値設定の構成の詳細については、を参照してください。 データポイントの動的しきい値の有効化.

注意: データソース定義から動的しきい値を設定する場合、ネットワークインフラストラクチャ内のすべてのリソース(つまり、データソースが適用される可能性のあるすべてのインスタンス)に対してグローバルに設定します。 で説明したように データポイントの動的しきい値の有効化、リソースごとまたはインスタンスレベルでこれらのグローバルしきい値をオーバーライドすることができます。

データアラートなし

デフォルトでは、データポイントのデータを収集できない場合(またはデータポイントの値がで設定された範囲外の場合)、アラートはトリガーされません。 値の有効範囲 フィールド)。 ただし、データが収集されていないときにアラートを受信したい場合は、 データアラートなし、このデフォルトを上書きできます。 これを行うには、からトリガーする必要があるアラートの重大度を選択します。 このデータポイントのデータがない場合 フィールドのドロップダウンメニュー。

しきい値(静的または動的)が割り当てられているデータポイントに対してデータなしアラートを構成することは可能ですが、必ずしもベストプラクティスであるとは限りません。 たとえば、これらのシナリオでは異なるアラートメッセージが必要になるだけでなく、異なるトリガーとクリア間隔が必要になる可能性があります。 これらの理由から、しきい値が設定されていないデータポイントにデータなしアラートを設定することを検討してください。これにより、アラートのメッセージ、およびデータなしの状態に応じてトリガーとクリア間隔をカスタマイズできます。

ほとんどの場合、データソースの条件を反映するのは特定のデータポイントだけではないため、データソースの任意のデータポイントにデータなしアラートを設定することを選択できます。 むしろ、すべてのデータポイントはこの状態を反映します。これは通常、プロトコル全体(WMI、SNMP、JDBCなど)が応答しない結果であるためです。

アラートトリガー間隔

世界 アラートトリガー間隔(連続ポーリング) フィールドは、アラートがトリガーされる前にアラート条件が存在しなければならない連続した収集間隔の数を定義します。 XNUMXつの収集間隔の長さは、データソースによって決定されます。 すべてを収集する フィールド、で説明されているように データソースの作成.

フィールドのデフォルト値である「トリガーアラートをすぐに」は、データポイント値(またはデータアラートが有効になっていない場合は値の欠如)がアラート条件を満たしたときにアラートをトリガーします。

アラートトリガー間隔をより高い値に設定すると、アラートがトリガーされる前に、データポイントのアラート条件が少なくともXNUMX回のデータポーリングの間持続するようになります。 から利用可能なオプション アラートトリガー間隔(連続ポーリング) フィールドのドロップダウンは開始点として0に基づいており、「すぐにアラートをトリガーする」は基本的に「0」を表します。 たとえば、値が「1」の場合、最初の連続したポーリング(またはXNUMX番目のポーリング)でアラートがトリガーされ、しきい値の範囲外の有効な値が返されます。 データソースがデータを収集する頻度をアラートトリガー間隔と組み合わせて定義するスケジュールを使用することにより、クリティカルアラート状態の即時通知と既知の一時的な状態でのアラートの休止の間でデータポイントごとにアラートのバランスをとることができます。

データポイント値がしきい値を超えないたびに、連続するポーリングカウントがリセットされます。 ただし、戻り値がより高い重大度レベルのしきい値の領域に移行した場合、連続ポーリングカウントもリセットされることに注意することが重要です。 たとえば、XNUMX回の連続したポーリングのアラートトリガー間隔で警告およびクリティカル状態にしきい値が設定されたデータポイントについて考えてみます。 データポイントがXNUMXつの連続したポーリングに対して警告しきい値を超える値を返したが、XNUMX番目のポーリングが 重大な しきい値、カウントがリセットされます。 次のXNUMX回のポーリング(合計XNUMX回のポーリング)でクリティカル状態が続く場合、クリティカルアラートが最終的に生成されます。

注意: 「データなし」が返されると、アラートトリガー間隔カウントがリセットされます。

注意: で設定されたアラートトリガー間隔 アラートトリガー間隔(連続ポーリング) フィールドは、静的しきい値によってトリガーされたアラートにのみ適用されます。 動的しきい値によってトリガーされるアラートは、動的しきい値の高度な構成の一部として設定された専用の間隔を使用します。 見る データポイントの動的しきい値の有効化 詳細についてはこちら。

アラートクリア間隔

世界 アラートクリア間隔(連続ポーリング) フィールドは、アラート条件が必要な連続した収集間隔の数を定義します Studio上ではサポートされていません。 アラートが自動的にクリアされる前に存在している。 XNUMXつの収集間隔の長さは、データソースによって決定されます。 すべてを収集する フィールド、で説明されているように データソースの作成.

フィールドのデフォルト値である「アラートをすぐにクリア」は、データポイント値がアラート基準を満たさなくなるとすぐに自動的にクリアされます。

アラートトリガー間隔と同様に、 アラートクリア間隔(連続ポーリング) フィールドのドロップダウンは開始点として0に基づいており、「すぐにアラートをクリア」は基本的に「0」を表します。 アラートのクリア間隔をより高い値に設定すると、アラートが自動的にクリアされる前に、データポイントの値が永続的(つまり安定している)になります。 これにより、同じ条件で新しいアラートがトリガーされるのを防ぐことができます。

注意: 「データなし」が返されると、アラートクリア間隔カウントがリセットされます。

注意: ここで確立されたアラートクリア間隔は、静的しきい値と動的しきい値の両方によってトリガーされたアラートをクリアするために使用されます。

アラートメッセージ

「デフォルトのテンプレートを使用する」オプションが選択されている場合 警告メッセージ フィールドのドロップダウンメニューで、データポイントのアラート通知は、設定で定義されているグローバルデータソースアラートメッセージテンプレートを使用します。 グローバルアラートメッセージテンプレートの詳細については、を参照してください。 警告メッセージ.

ただし、ベストプラクティスとして、しきい値が定義されているデータポイントには、アラート内の関連情報をフォーマットし、コンテキストと推奨されるアクションを提供するカスタムアラートメッセージを含めることをお勧めします。 LogicMonitorのすぐに使用できるデータソースは、通常、しきい値が定義されたデータポイントのカスタムアラートメッセージをすでに備えています。

カスタムアラートメッセージを追加するには、から「カスタマイズ」を選択します 警告メッセージ フィールドのドロップダウンと、の通知テキストを入力します 件名 影響により 製品説明 動的に表示されるフィールド。 で説明したように LogicModuleアラートメッセージで使用可能なトークン、アラートメッセージで使用可能なデータソーストークンを使用できます。

記事上で