サポートセンターホーム


Solarisモニタリング

Solaris 10には、Net-SNMPパッケージがすでにインストールされている必要があります。 SunのSNMPパッケージの代わりに使用することをお勧めします。

以下の情報は このドキュメント。 一部のSolarisデータソースにはSSH認証情報が必要であることに注意してください。 これらが必要かどうかを確認するには、データソースの説明を参照してください。 

ログSunのSNMPを無効にするには

#svcadm disable svc:/ application / management / snmpdx:default

Net-SNMPデーモンプログラムは/ usr / sfw / sbin / snmpdにあり、/ etc / sma / snmpにsnmpd.confという名前で保存されたsnmpdの設定ファイルです。 svcadmを使用して、snmpdの停止を開始します。#svcadm enable svc:/ application / management / sma:default#svcadm disable svc:/ application / management / sma:default

ログファイル

エラーまたは警告メッセージがある場合は、ファイル/var/svc/log/application-management-sma\:default.logを参照してください。 snmpdのデフォルトのログファイルは/var/log/snmpd.logです。

設定ファイル/etc/sma/snmp/snmpd.conf.saveを作業構成ファイルとして使用して、snmpdデーモンが正常かどうかをテストできます。#cp /etc/sma/snmp/snmpd.conf.save /etc/sma/snmp/snmpd.conf#svcadm sma を再起動

/ var / sma_snmpディレクトリに保存されているsnmpd.confという名前の別のファイルがあり、これは永続ストレージファイルと呼ばれます。 永続ストレージファイル/var/sma_snmp/snmpd.confには、USMセキュリティ情報と永続ストレージ用に設定されたMIBコンポーネントが含まれています。 このファイルには、engineIDとengineIDブートも含まれています。 この永続ストレージファイルは、System ManagementCollectorの起動時に自動的に更新されます。 System Management Collectorが停止すると、snmpusmおよびsnmpvacmユーティリティーは、ユーザーのセキュリティー情報をこのストレージ・ファイルに書き込みます。

CollectorXプロトコルを使用したログ

CollectorXプロトコルは、System ManagementCollectorでサポートされています。 デフォルトでは、System Management Collectorには、安全なプロファイル、つまり読み取り専用アクセスが付属しています。 CollectorXは、サードパーティのサブコレクターがUnixドメインソケットを介してCollectorXをサポートしている場合、それらとの対話を許可します。 セキュリティ上の理由から、CollectorXはTCP / UDPではサポートされていません。 CollectorXプロトコルの詳細については、を参照してください。 https://www.ietf.org/rfc/rfc2741.txt メインの/etc/sma/snmp/snmpd.conf構成ファイルを編集して、CollectorXプロトコルを使用するようにSystem ManagementCollectorを構成します。 デフォルトでは、CollectorXプロトコルは無効になっています。 次の手順では、CollectorXプロトコルを有効にする方法について説明します。 CollectorXプロトコルを有効にするには、以下を/etc/sma/snmp/snmpd.confファイルに追加します。

マスターコレクターx

sma(システム管理コレクター)を再始動します。#svcadm restart svc:/ application / management / sma:default

SMAの使用

コレクターのステータスを表示するには#svcs svc:/ application / management / sma:default

初期化されているMIBを確認するには#/ usr / sfw / sbin / snmpd -Dregister_mib -Dmib_init -L

ローカルまたはリモートマシンのディスク容量とネットワークを確認するには#/ usr / sfw / bin / snmpwalk -v1 -c public localhost HOST-RESOURCES-MIB :: hrStorageIndex

#/ usr / sfw / bin / snmpget -v1 -c public localhost HOST-RESOURCES-MIB :: hrStorageSize.1

#/ usr / sfw / bin / snmpwalk -v1 -c public localhost HOST-RESOURCES-MIB :: hrStorageUsed

#/ usr / sfw / bin / snmpnetstat -v 2c -c public -a localhost

これらすべてのリソースが機能する場合、SMAは適切に構成および実装されています。