サポートセンターホーム


コレクター構成ファイルの編集

概要

LogicMonitorコレクターには、動作を制御するために使用できる構成ファイルがあります。 これらの構成ファイルは、コレクターのインストールディレクトリにあります。 デフォルトのファイルパスは次のとおりです。

  • Linux: / usr / local / logicmonitor / agent / conf
  • Windowsの場合: C:\ Program Files(x86)\ LogicMonitor \ Agent \ conf

コレクター構成ファイルの編集

コレクター構成ファイルで確立された設定は、LogicMonitorインターフェース内からコレクターごとに表示できます。 更新はインターフェースから行うこともできます。UIにはエラーを防ぐための保護手段があるため、必要な更新を行うためにインターフェースを使用することを強くお勧めします(ローカルコレクター構成ファイルを手動で変更するのではありません)。 ローカルコレクター構成ファイルを手動で変更することは、自己責任で行う必要があります。

一般に、コレクター構成ファイルにある設定の大部分を変更する必要はありません。 ただし、コレクター構成を変更する必要がある場合は、次の一連の手順に従って変更できます。

コレクター構成ファイルを編集するには:

  1. 案内する 設定| コレクター.
  2. [コレクター]ページで、構成するコレクターを見つけ、[管理]列の対応する歯車アイコンをクリックして、その設定を表示します。
  3. ノーザンダイバー社の サポート ボタンのドロップダウンメニューで、「コレクター構成」を選択します。

  4. 適切な構成ファイル(agent.conf、watchdog.confなど)を開き、 編集手動で.conf 右側のスライダーで編集を有効にします。

    コレクター構成ファイルの編集

  5. 編集が完了したら、をクリックします 保存して再起動します ボタンをクリックしてコレクターを再起動し、構成ファイルに変更を適用します。

記事上で