コレクター構成ファイル

最終更新日: 07 年 2024 月 XNUMX 日

構成ファイルを使用して、LogicMonitorコレクターの動作を制御できます。 構成ファイルは、コレクターのインストールディレクトリの次のデフォルトファイルパスにあります。

  • Linux: / usr / local / logicmonitor / agent / conf
  • Windows: C:\Program Files\LogicMonitor\Agent\conf

LogicMonitorユーザーインターフェイスで、コレクターごとにコレクター構成ファイルの設定を表示および更新できます。

ファイルを手動で編集するのではなく、LogicMonitorユーザーインターフェイスを使用してコレクター構成ファイルの設定を更新することをお勧めします。 ローカルコレクター構成ファイルを手動で変更することは、自己責任で行う必要があります。

注: Collecterファイルシステムで手動で変更できるのはagent.conf.local構成ファイルのみです。 このファイルに追加された構成はすべて、汎用のagent.conf構成ファイルをオーバーライドします。 これにより、「debug.disable = false」やremotesession.disable = trueなどの設定を構成でき、ユーザーインターフェイスで設定を変更できないようになります。

コレクター構成ファイルの編集

  1. MFAデバイスに移動する 設定 > コレクター.
  2. [コレクター]ページから、構成するコレクターを見つけて、[コレクター]をクリックします。 設定 [管理]列のアイコンをクリックして、その設定を表示します。
  3. クリック サポート、次に「コレクター構成」を選択します。

  4. 編集する構成ファイルを開きます。
  5. トグル 編集手動で.conf ファイルを手動で編集するように切り替えます。
    コレクター構成ファイルの編集

  6. クリック 保存して再起動します ボタンをクリックしてコレクターを再起動し、構成ファイルに変更を適用します。
記事上で