サポートセンターホーム


EventSourcesについて

概要

EventSourcesは、数値以外のイベントベースのデータの監視およびアラートアクティビティを定義します。 EventSourceは、どの情報が収集または受信されるか、どのデバイスから情報が収集または受信されるか、およびその情報に対していつアラートがトリガーされるかをコレクターに通知する定義です。

EventSourceには次のXNUMXつのタイプがあります。

  • コレクターが受信した非同期イベントメッセージを監視するEventSources
  • 特定のイベントの存在についてイベントログまたはログファイルをアクティブに監視するEventSources

EventSourcesは、次のタイプのイベントを監視します。

  • IPMIイベントログイベント
  • SNMPトラップ
  • Windowsイベントログ
  • Syslogイベント

LogicMonitorアカウントには、EventSourceのライブラリが事前に構成されています。 これらのイベントソースを表示/編集(および新しいイベントソースを追加)するには、 設定| EventSources。 EventSourceの作成の詳細については、を参照してください。 EventSourcesの作成.

EventSourceアラート

EventSourcesは、イベントログメッセージ(IPMI、Windows、またはSyslog)やSNMPトラップなどの特定のファイルを監視します。 LogicMonitorが、EventSource定義に設定されているフィルターに一致するイベントのメッセージを受信すると、EventSourceのアラートがトリガーされます。 アラートの重大度は、アラートメッセージと同様に、EventSource定義がどのように構成されているかによって異なります。 EventSourcesのフィルターとアラートの構成の詳細については、を参照してください。 EventSourcesの作成.

他のタイプのアラートと同様に、EventSourceアラートはLogicMonitorインターフェイスで管理および表示されます。 ただし、 クリアアフター 「EventSourcesの作成」サポート記事のセクションでは、他のLogicModuleから発生するアラートと比較して、LogicMonitorがEventSourceアラートをクリアする方法にいくつかの違いがあります。

 

注意: EventSourceアラートはLogicMonitorインターフェイスに自動的に表示されますが、電子メール、テキスト、またはその他の方法によるアラート通知は、で説明されているように、アラートルールを介して構成する必要があります。 アラートルール.

記事上で