サポートセンターホーム


ジラ

Jira自体は、他のWebサイトと同じように監視できます。独自のJiraインスタンスを実行している場合は、サーバーを監視できます。 ホストをLogicMonitorに追加するだけです。 ただし、チケット数やその他のデータをJiraからLogicMonitorにプルして、チケットのクラスなどを警告することもできます。これは、Jira IssuesCountデータソースを使用して行われます。

JIRA発行数

任意に指定してJIRAの問題の数を取得する JIRAクエリ言語(JQL) 検索します。 このデータソースは元々、運用スタッフに警告するためにサポートによって生成された「停止」チケットを警告するために作成されました。 いくつかの簡単な調整で、他の多くの用途に使用できます。

Requirements

プロパティ ノート
system.category 「JIRA」 データソースをホストに関連付けるために使用されます
jira.user ユーザ名 JQLクエリを実行するには権限が必要です
じらパス パスワード JIRAユーザーのパスワード

使用法

データソースは、「JIRA」を含むsystem.categoryを持つホストに適用されます。 デフォルトでは、データソースはHTTPSを想定し、ホストの表示名がJIRAAPI呼び出しのエンドポイントであると想定します。

jira_proto = "https"
jira_host = hostProps.get("system.displayname")
jira_search_path = "/rest/api/2/search"

このデータソースにはアクティブディスカバリーがありません。つまり、データソースが適用されると、自動的に検出されるインスタンスがないため、データソースは表示されません(インスタンスはJQLクエリです)。 インスタンスを追加するには:

  • JIRAホストを選択します
  • 「管理」ボタンをクリックしてから、「監視対象インスタンスの追加」をクリックします
  • データソース:JIRA発行数datdasource
  • 名前:JQLクエリの短い名前(これはインスタンス名です)
  • ワイルドカード値:JQLクエリ

アラート

返された問題の数が0より大きい場合、デフォルト設定はWARNになります。これは、重要なチケット(「停止」など)チケットなどのアラートに適しています。

「停止」チケットを開く

オープン停止チケットの場合、カウントが0より大きい場合は、アラートをERRORまたはCRITICALに設定することをお勧めします。

Instance Name:  Open Outage Tickets
Instance Wildcard: Project='Technical Operations' AND issuetype=Outage AND status=Open

進行中の「停止」チケット

エンジニアにチケットのアラートが送信され、ステータスが「進行中」に変更されると、アラートレベルをWARNに設定できます。

Instance Name: In-Progress Outage Tickets Instance Wildcard: Project=TECHOPS AND issuetype=Outage AND status='In Progress'

各インスタンスは、しきい値とアラートを個別に調整できます。

記事上で