サポートセンターホーム


NetAppFASモニタリング

概要

NetAppファブリック接続ストレージ(FAS)システム(一般にファイラーとも呼ばれます)の監視に使用されるデータ収集方法には、次のXNUMX種類があります。

  • ネットアップ API
  • SNMP

包括的な監視のために、 どちらも NetAppAPIおよびSNMPアクセスを構成する必要があります。 この記事では、利用可能なさまざまなNetAppモードのセットアップと構成について説明します。

注意: デフォルトでは、LogicMonitorはHTTPSを使用してポート443経由でNetAppAPIにアクセスします。 ただし、古いLogicMonitorアカウントは、デフォルトでポート80でHTTP経由でNetApp APIにアクセスする場合があり、データの取得が妨げられる可能性があります。 この動作が発生している場合は、 netapp.ssl リソースツリーのルートフォルダレベルでプロパティをTRUEの値に設定します。

クラスターモード(CDOT)

SNMPの有効化

クラスタ管理アドレスにSSHで接続します。 現在のSNMP構成を表示するには:

scenariolab::> system snmp community show
scenariolab
ro  Logically

新しいSNMPコミュニティを作成するには:

scenariolab::> system snmp community add -type ro -community-name secret 

SNMP構成を確認します。

scenariolab::> system snmp community show
scenariolab ro  Logically
ro secret

NetAppAPIの有効化

のサンプル名でAPIユーザーを作成するには ロジックモニター クラスターのコンテキストでは:

security login create -username logicmonitor -application ontapi -authmethod password  -role readonly

アクセスを許可するには、ホストのsnmp.community、netapp.user、およびnetapp.passプロパティを定義する必要があります。

クラスターモードSVM(vFiler)

NetAppクラスターモードでストレージ仮想マシンを完全に監視し、アクセスを委任できるようにするには、SVMを個別のデバイスとして追加し、SVM自体でSNMPアクセスとAPIアクセスの両方を有効にする必要があります。 そのために必要な手順は次のとおりです。

  1. SVMのSNMPコミュニティを追加します。
  2. SVMのインターフェースのファイアウォール構成でSNMPが許可されていることを確認します。SVMで使用されるインターフェース、ファイアウォールポリシーを決定し、必要に応じて修正します。
  3. SVMファイアウォールを介したAPIアクセスを許可し、APIユーザーを作成して、APIアクセスを有効にします。

次の例では、でアクセスを有効にします 画像 サーバー。

SNMPの有効化

まず、現在のSNMP構成を確認できます。

scenariolab::> system snmp community show
scenariolab
ro  Logically

SVM(サーバー)のSNMPコミュニティを追加します 画像:

scenariolab::> system snmp community add -type ro -community-name Logical -vserver images

SNMP構成を確認します。

scenariolab::> system snmp community show
images
ro  Logical

scenariolab
ro  Logically

次のコマンドを使用して、vserverのインターフェイスで使用されるファイアウォールポリシーを確認できます。

network interface show  -fields firewall-policy
vserver lif  firewall-policy
------- ---- ---------------
foo     lif2 data
images  lif1 data

次に、問題のサーバーのポリシーが画像、使用して データ この場合のポリシー)はsnmpを許可します:

scenariolab::> firewall policy show -service snmp

(system services firewall policy show)

Policy           Service    Action IP-List

---------------- ---------- ------ --------------------

cluster           snmp       allow  0.0.0.0/0

data              snmp       deny   0.0.0.0/0

intercluster      snmp       deny   0.0.0.0/0

mgmt              snmp       allow  0.0.0.0/0

データポリシーではSNMPが許可されていないため、ファイアウォールポリシーを修正するか、新しいポリシーを作成することができます。 この場合、新しいファイアウォールポリシーを作成します。

system services firewall policy create -policy data1 -service snmp -action allow -ip-list 0.0.0.0/0

scenariolab::> firewall policy show -service snmp

(system services firewall policy show)

Policy           Service    Action IP-List

---------------- ---------- ------ --------------------

cluster           snmp       allow  0.0.0.0/0

data              snmp       deny   0.0.0.0/0

data1             snmp       allow  0.0.0.0/0

intercluster      snmp       deny   0.0.0.0/0

mgmt              snmp       allow  0.0.0.0/0

これで、vserverイメージ(lif1)が使用するインターフェイスに新しいポリシーを割り当てることができます。

network interface modify -vserver images -lif lif1 -firewall-policy data1

SNMPが有効になりました

NetAppAPIの有効化

APIアクセスをSVMに有効にするには、SVMのインターフェイスで使用されるファイアウォールポリシーを介したHTTP / HTTPSアクセスを許可する必要があります。 これらのコマンドは、上記で作成した新しいファイアウォールポリシーにHTTPおよびHTTPSアクセスを追加します。これは、vserverのインターフェイスにすでに適用されています。 画像。

system service firewall policy create  -policy data1 -service http -action allow -ip-list 0.0.0.0/0
system service firewall policy create  -policy data1 -service https -action allow -ip-list 0.0.0.0/0

次に、このvserverのコンテキストでAPIユーザーを作成する必要があります。

security login create -username logicmonitor -application ontapi -authmethod password -vserver images -role vsadmin

これで、SVMをホストとしてLogicMonitorに追加できます。 アクセスを許可するには、ホストのsnmp.community、netapp.user、およびnetapp.passプロパティを定義する必要があります。

非クラスターモード(7モード)

注意:

  • OnTap 8以降では、APIのHTTPアクセスを明示的に有効にする必要があります。 オプションhttpd.admin.enableon
  • GD Collectors 22.0または21.0を使用するには、7モードNetAppを監視するためにTLSを有効にする必要があります(コマンドライン「optionstls.enableon」)。

NetAppAPIの有効化

以下に詳述する権限で新しいNetAppアカウントを作成することをお勧めします。

APIアクセスのみを持つlogicmonitorという新しいユーザーを作成するには、NetAppファイラーで次の操作を実行します。

useradmin role add APIrole -a api-*,login-http-admin
useradmin group add APIGroup -r APIRole
useradmin user add logicmonitor -g APIGroup
New password:<secret>
Retype new password:<secret>

注意: 必要な現在の最小API権限でロールを作成するには、上記のコマンドの代わりにこのコマンドを使用するか、ロールが既に存在する場合はuseradmin rolemodifyを使用します。

useradmin role add APIrole -a login-http-admin,api-perf*,api-disk-list*,api-volume-list*,api-system-get*

これにより、現在のNetAppデータソースには十分な読み取り専用APIアクセスが許可されますが、異なるAPI呼び出しを使用する可能性のある将来のデータソースには不十分な場合があります。)

次に、LogicMonitorで次のプロパティを指定します。

netapp.user=logicmonitor
netapp.pass=<secret>

デフォルトでは、LogicMonitorはHTTPSを使用してポート443経由でNetAppAPIにアクセスします。 LogicMonitorがAPIに接続するポートを変更するには、プロパティを設定します netapp.api.sslport 適切なポートに。

SSLの代わりにHTTPを使用してAPIにアクセスする場合:

  • をセットする netapp.ssl プロパティ(グローバル、グループごと、またはホスト用)を「false」に設定 SSLアクセスを無効にします。
  • netapp.api.port デフォルトは80になります。HTTP経由で別のポートに接続する場合は、このプロパティを適切に設定します。

SNMPの有効化

ネットアップCLIから次の操作を実行します。

options snmp.enable                  on
snmp community add ro <secret>

注:オプションtrusted.hostsまたはオプションsnmp.accessのデフォルト設定を変更した場合は、ファイラーのコレクターのIPアドレスがこれらのオプションに追加されていることを確認してください。 入力するだけでSNMP設定を確認できます SNMP コマンドラインで:

labfiler01> snmp
 contact:
 ~
 location:
 ~ PDT
 authtrap:
 ~ 0
 init:
 ~ 1
 traphosts:
 community:
 ~ ro public

NetAppSyslogのSSHメッセージ

LogicMonitorがNetAppを監視できるようにした後、通常、NetAppは次のようなメッセージのログ記録を開始します。

[openssh.versionExchange.Fail:error]: Did not receive identification string from X.X.X.X

これは、LogicMonitorがNetAppでSSHの応答性をチェックするが、実際のログインは完了しないという事実によるものです。メッセージは無害ですが、メッセージを生成したくない場合は、デバイスでLogicMonitorによるSSHのチェックを無効にできます。 。 (もちろん、これにより、SSHがデバイスで応答しなかった場合のアラートも防止されます。)

パッケージ内のLogicModule

LogicMonitorは、NetAppシステムがクラスターモード(CDOT)環境で実行されているか7モード環境で実行されているかに応じて、NetAPPFAS監視用にXNUMXつの異なるパッケージを提供します。 一部のLogicModuleは、両方のパッケージで共有されます。

お名前 種類 製品説明

両方のパッケージで共有されるLogicModule

addCategory_NetApp プロパティソース NetAppホストを識別し、SSLが使用されているかどうか、SSLが実行されているモード(7モードまたはクラスターモード)を検出し、「NetApp_7Mode」または「NetApp_ClusterMode」のいずれかのシステムカテゴリを割り当てます。
NetApp_System_Info プロパティソース NetAppホストのメタデータと、OnTAPIバージョン、動作モード(7モードまたはクラスターモード)、システムバージョン、モデル、プロセッサ、メモリなどの構成を検出します。
NetAppIf- データソース 64ビットカウンターを使用したNetAppインターフェイスの統計
NetAppSnapVault- データソース SnapVaultステータス

クラスターモードパッケージのLogicModules

NetApp_Cluster_iSCSI データソース IOPS、スループット、遅延、SCSIコマンド、ログインアクティビティ、エラーなどのiSCSIインターフェイスのパフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_Cluster_ボリューム データソース NetAppボリュームのストレージとパフォーマンスの指標を監視します。
NetApp_Cluster_VoltageSensors データソース 環境電圧センサーの読み取り値と動作ステータスを監視します。
NetApp_Cluster_TemperatureSensors データソース 環境温度値とセンサーの動作状態を監視します。
NetApp_Cluster_StorageAdapter データソース NetAppホストストレージアダプタの状態とパフォーマンスのメトリックを監視します。
NetApp_Cluster_スナップショット データソース NetAppスナップショットの経過時間、ストレージスペース、およびビジー状態を監視します。
NetApp_Cluster_SnapMirror データソース SnapMirrorのヘルスステータス、関係ステータス、ミラー状態、データ転送などを監視します。
NetApp_Cluster_ShelfBayHealth データソース NetAppシェルフベイのヘルスステータスを監視します。
NetApp_Cluster_SVMPeers データソース SVMピア関係の状態を監視します。
NetApp_Cluster_SVM データソース ストレージ仮想マシン(SVM)の動作ステータスを監視します。
NetApp_Cluster_RAID データソース NetAppRAIDパフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_Cluster_Quotas データソース クォータの動作状態とブロックを監視します。
NetApp_Cluster_QTree データソース QTreeの現在の動作状態を監視します。
NetApp_Cluster_PolicyGroups データソース NetAppポリシーグループのパフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_Cluster_PSU データソース NetApp電源ユニットの動作ステータスを監視します。
NetApp_Cluster_Nodes データソース NetAppクラスタノードの稼働時間、環境温度ステータス、および障害が発生したコンポーネントを監視します。
NetApp_Cluster_NFS データソース IOPS、スループット、エラー、操作の詳細、遅延などのNetAppネットワークファイルシステム(NFS)のパフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_Cluster_LogicalInterfaces データソース NetApp論理インターフェイスの動作ステータス、ホームステータス、パケット送信、データスループット、エラー、および稼働時間を監視します。
NetApp_Cluster_LUN データソース IOPS、データスループット、動作状態、遅延、ストレージの詳細/使用率、WAFLエラーなどのNetAppLUNパフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_Cluster_HighAvailability データソース 高可用性のテイクオーバー/ギブバック操作の成功、失敗、試行、および期間を監視します。
NetApp_Cluster_HAInterconnectPair データソース クラスターの高可用性ペア通信を監視します。
NetApp_Cluster_GlobalPerformance データソース NetAppのグローバルパフォーマンスを監視します。
NetApp_Cluster_FibreChannel データソース IOPS、データスループット、遅延、Rx / TX電力、動作状態などのNetAppファイバーチャネルアダプターのパフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_Cluster_FanSensor データソース システムファンの動作ステータスと速度(RPM)を監視します。
NetApp_Cluster_Failover データソース NetAppフェイルオーバーノードの状態を監視します。
NetApp_Cluster_FCPInitiators データソース ファイバチャネルポートイニシエータのIOPS、スループット、遅延、コマンドアクティビティなどを監視します。
NetApp_Cluster_Disk データソース NetAppディスクパフォ​​ーマンスメトリックを監視します。
NetApp_Cluster_Status データソース NetAppClusterノード上のディスクのステータスの概要。
NetApp_Cluster_CurrentSensors データソース NetAppの現在のセンサーの動作ステータスとアンペア数の読み取り値を監視します。
NetApp_Cluster_ピア データソース NetAppクラスターのピアヘルスステータス、ノードの可用性、およびpingチェックを監視します。
NetApp_Cluster_CIFS データソース NetApp CIFS(Common Internet File System)のパフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_Cluster_BatteryLifeSensors データソース NetAppバッテリーセンサーの動作状態とランタイムを監視します。
NetApp_Cluster_Aggregate データソース NetAppクラスターの集約パフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_Cluster_Topology トポロジーソース ディスク、ボリューム、イニシエーターエッジなどのNetAppクラスターモードトポロジを生成します。

7モードパッケージのLogicModules

NetApp_7mode_vFiler データソース CPU使用率、IOPS、データおよびネットワークスループットなどのvFilerパフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_7mode_iSCSI データソース NetApp iSCSI IOPS、スループット、および遅延パフォーマンスのメトリックを監視します。
NetApp_7mode_WAFL データソース バッファキャッシュのヒット/ミス、ディレクトリのヒット/ミス、iノードキャッシュのヒット/ミス、レイテンシ、メモリ、メッセージ送信、操作など、NetApp Write-Anywhere-Filesystem(WAFL)のパフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_7mode_Volumes データソース NetAppボリュームストレージとパフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_7mode_VoltageSensors データソース システム内の電圧センサーを監視します。
NetApp_7mode_TemperatureSensors データソース システム内の温度センサーを監視します。
NetApp_7mode_Targets データソース IOPS、スループット、遅延、フレーム破棄、キューなどのNetAppターゲットパフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_7mode_Snapshots データソース NetAppボリュームのスナップショットの経過時間、ストレージスペース、およびビジー状態を監視します。
NetApp_7mode_SnapshotScheduler データソース NetAppスナップショットを監視して、構成されたスケジュールに従っていることを確認します。
NetApp_7mode_Snapmirror データソース NetApp SnapMirrorの遅延時間、ステータス、および最終転送メトリックを監視します。
NetApp_7mode_RAID データソース NetApp RAIDブロック、ストライプ、およびテトリスの動作を監視します。
NetApp_7mode_QTree データソース QTree NFS、CIFS、および内部操作を監視します。
NetApp_7mode_PowerSupplies データソース 電源装置のセンサーの動作状態を監視します。
NetApp_7mode_NIC データソース 動作状態、スループット、フレーム送信などのNetApp NIC(ネットワークインターフェイスカード)のパフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_7mode_NFS データソース IOPS、遅延、呼び出しなどのNetAppNFSv3およびNFSv4のパフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_7mode_LUN データソース 動作状態、IOPS、スループット、遅延、キュー、ストレージ使用率などのNetAppLUNの動作およびパフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_7mode_HostAdapters データソース NetAppホストアダプタのIOPS、データスループット、動作ステータス、および冗長性を監視します。
NetApp_7mode_GlobalPerformance データソース NetAppのグローバルパフォーマンスメトリックを監視します。
NetApp_7mode_Fans データソース NetApp冷却シャーシファンの動作状態とRPMを監視します。
NetApp_7mode_Disks データソース NetAppディスクの状態とパフォーマンスのメトリックを監視します。
NetApp_7mode_Status データソース NetApp7modeノード上のディスクのステータスの概要。
NetApp_7mode_CurrentSensors データソース システム内の現在のセンサーを監視します。
NetApp_7mode_ClusteringServices データソース NetAppの高可用性クラスタリングサービスを監視します。
NetApp_7mode_CableConnectors データソース NetAppシェルフのケーブルとコネクタを監視します。
NetApp_7mode_Aggregates データソース NetAppの集約パフォーマンスとストレージメトリックを監視します。
NetApp_7mode_Topology トポロジーソース ディスク、ボリューム、イニシエーターエッジなどのNetApp7modeトポロジを生成します。

記事上で