サポートセンターホーム


リソースインベントリレポート

概要

リソースインベントリレポートは、LogicMonitorでリソース(デバイス、クラウドリソースなど)の定義済みまたは検出済みのプロパティをレポートする方法を提供します。 たとえば、デバイスのグループ全体のメモリサイズ、OSレベル、アーキテクチャなどについてレポートできます。 または、クラウドリソースの現在の統計情報(状態、ID、IPアドレス、地域など)についてレポートすることもできます。

リソースインベントリレポートの構成

リソースインベントリレポートを構成するには、[ レポート| 追加| レポート| リソースインベントリ。 さまざまなレポート設定を構成できるレポートダイアログが表示されます。

すべてのレポートタイプに共通の設定の構成

レポートダイアログにある最初のXNUMXつの設定(役職, 製品説明, グループ, フォーマット)、最終設定(スケジュールに従ってこのレポートを生成する)、すべてのレポートタイプに共通です。 これらのグローバルレポート設定の詳細については、を参照してください。 レポートの作成と管理.

リソースインベントリレポート設定の構成

次に表示および説明するレポート構成ダイアログの[リソースインベントリレポート設定]領域で、返すプロパティと、それらを返すリソースやインスタンスを指定します。

リソースグループ/リソース

ノーザンダイバー社の リソースグループ または[リソース]フィールドで、XNUMXつ以上のリソースグループまたはリソースを指定して、このレポートが適用されるリソースを制限します。 これらのフィールドでは、明示的な名前またはglob式を使用できます。

注意: マルチグローブルックアップはこちらから入手できます。 globと個別の値の両方の組み合わせを選択して、リソース/リソースグループを指定できます。 LogicMonitorによるglobのサポートの詳細については、を参照してください。 アカウント全体でGlobを使用する.

データソース

ダイアログの[データソース]領域から、オプションでXNUMXつ以上のデータソース/インスタンスのペアを入力して、選択したリソースグループまたは個々のリソースのインスタンスレベルのプロパティにドリルダウンします。

プロパティ

ダイアログの[プロパティ]領域から、グループ、リソース、またはインスタンスごとに値を返すXNUMXつ以上のプロパティを選択します。 すべてのリソースが同じプロパティをサポートするわけではないことに注意してください。

並べ替え

ノーザンダイバー社の 並べ替え フィールドのドロップダウンメニューで、結果の並べ替え順序を決定するプロパティを選択します。

記事上で