サポートセンターホーム


EMCXtremIOモニタリング

LogicMonitorは、Dell EMCXtremIOプラットフォーム用のすぐに使用可能な監視を提供します。 私たちの監視スイートは、REST APIを使用して、XMS(XtremIO Management Server)にさまざまなヘルスおよびパフォーマンスメトリックを照会します。

Dell EMC XtremIOは、DellEMCの大容量で大容量のオールフラッシュエンタープライズストレージプラットフォームです。 このプラットフォームは、主に、データ削減およびコピーデータ管理機能の恩恵を受けるアプリケーション向けに設計されています。

セットアップ要件

モニタリングへのリソースの追加

XMS(XtremIO Management Server)ホストを監視に追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

資格情報を取得する

LogicMonitorは、XMSリソースのデータに正常にアクセスするために、API資格情報を提供する必要があります。 これらの資格情報は、読み取り専用のアクセス許可を持つXtremIO XMSAPIユーザーアカウントに属している必要があります。

リソースへのプロパティの割り当て

次のカスタムプロパティは、LogicMonitor内のXtremIOリソースに設定する必要があります。 プロパティの設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ
xio.user XtremIO XMSAPIユーザー名
xio.pass XtremIO XMSAPIパスワード

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorパブリックリポジトリから、にリストされているすべてのDell EMC XtremIOLogicModuleをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。

LogicModulesがインポートされると(以前のセットアップ要件がすべて満たされていると仮定して)、データ収集が自動的に開始されます。

レガシーLogicModulesからの移行

2020年XNUMX月、LogicMonitorはXtremIOLogicModuleの新しいスイートをリリースしました。 新しいスイートでは、必要なプロパティが少なく、特別なデバイスグループが不要であるため、次の利点があります。

  • 簡素化されたセットアップと監視
  • コード効率の向上
  • スケーラビリティ

新しいスイートのリリースは、次のデータソースを非推奨にするのに役立ちます。

  • EMC_XtremIO_BBU
  • EMC_XtremIO_クラスタ
  • EMC_XtremIO_ConsistencyGroups
  • EMC_XtremIO_DAEコントローラー
  • EMC_XtremIO_DAEPSU
  • EMC_XtremIO_DataProtectionGroups
  • EMC_XtremIO_InfiniBandSwitches
  • EMC_XtremIO_イニシエーター
  • EMC_XtremIO_SSD
  • EMC_XtremIO_スナップショット
  • EMC_XtremIO_StorageControllerLocalDisks
  • EMC_XtremIO_StorageControllerPowerSupplies
  • EMC_XtremIO_StorageControllerStats
  • EMC_XtremIO_ターゲット
  • EMC_XtremIO_ボリューム
  • EMC_XtremIO_X環境
  • EMC_XtremIO_XMS

現在、これらのレガシーデータソースのいずれかを使用してXtremIOデバイスを監視している場合、新しいデータソースをインポートしてもデータが失われることはありません。 これは、モジュールの上書きを排除するためにデータソース名が変更されたためです。

ただし、データソースの両方のセットがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信します。 このため、新しいデータソースのセットをインポートし、環境で意図したとおりに機能していることを確認した後、上記のデータソースを無効にすることをお勧めします。

データソースを無効にすると、ホストへのクエリとアラートの生成が停止しますが、すべての履歴データは保持されます。 ある時点で、レガシーデータソースを完全に削除したい場合がありますが、削除するとすべての履歴データが失われるため、この移動を慎重に検討してください。 データソースの無効化の詳細については、を参照してください。 データソースまたはインスタンスの監視を無効にする.

パッケージ内のLogicModules

XtremIO用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名 種類 製品説明
addCategory_DellEMC_XtremIO プロパティソース ホストがDellEMC XtremIO XMSホストであるかどうかを識別し、システムカテゴリを設定します。 ホストがXMS(XtremIO Management Server)の場合にのみ、カテゴリを識別して設定します
XtremIO X環境 データソース X環境のCPU使用率と動作状態を監視します。 XENVを緊密にグループ化することは、パフォーマンス使用率の観点から、バランスの取れたストレージアレイの優れた指標です。
XtremIOボリューム データソース IOPS、スループット、レイテンシー、確実性、ストレージ使用率などのXtremIOクラスターボリュームパフォーマンスメトリックを監視します。 タグによって自動グループ化されます。
XtremIOターゲット データソース XtremIOファイバーチャネルとiSCSIのターゲット帯域幅、IOPS、遅延、およびヘルス状態を監視します。
XtremIOストレージコントローラーの統計 データソース ストレージコントローラーの有効状態、iSCSIデーモン、ポート、リンク、およびエラーを監視します。
XtremIOストレージコントローラーの電源 データソース ストレージコントローラーの電源の動作状態、FRUの状態、入力および電源の障害を監視します。
XtremIOストレージコントローラーローカルディスク データソース 有効状態、FRUライフサイクル、ディスク障害、不良セクターなどのストレージコントローラーのローカルディスクメトリックを監視します。
XtremIOスナップショット データソース ボリュームスナップショットのスループット、IOPS、確実性、およびストレージサイズを監視します。
XtremIO SSD データソース SSDスペースの使用率、耐久性、IOPS、スループット、リンク、および有効な状態を監視します。
XtremIO管理サーバー データソース XtremIO管理サーバーからメトリックを収集します。
XtremIOイニシエーター データソース イニシエーターの帯域幅、IOPS、R / Wサイズ、およびレイテンシーを監視します。
XtremIOInfiniBandスイッチ データソース インフィニバンドスイッチのFRUライフサイクル状態、ポート状態、温度、電圧、およびファン速度センサーを監視します。
XtremIOデータ保護グループ データソース データ保護グループのストレージ使用率、IOPS、帯域幅、状態、再構築、およびリバランスの進行状況を監視します。
XtremIODAE電源 データソース XtremIOディスクアレイエンクロージャ(DAE)電源ユニットの動作状態、ライフサイクル、および電源入力ステータスを監視します。
XtremIODAEコントローラー データソース ディスクアレイエンクロージャ(DAE)の有効化、接続性、正常性、SASポート、およびFRUライフサイクルの状態を監視します。
XtremIO整合性グループ データソース XtremIO整合性グループの確実性状態とボリューム数を監視します。
XtremIOクラスター データソース 合計IOPS、ブロックサイズ別のIOPS、スループット、遅延、ストレージ使用率など、XtremIOクラスター固有のメトリックを監視します。
XtremIOバッテリーバックアップユニット データソース バッテリーバックアップユニット(BBU)の残りの充電、ランタイム、ステータス、負荷、および電力のメトリックを監視します。

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で