Ruckus SmartZone モニタリング

最終更新日: 17 年 2023 月 XNUMX 日

LogicMonitor は、Ruckus SmartZone (SZ) コントローラーのすぐに使用できるモニタリングを提供します。 当社の監視パッケージは、Ruckus API を使用して SmartZone コントローラーにクエリを実行し、コントローラーのアップタイム、CPU、メモリ、パケット数、ドロップされたパケット数、TX および RX Bps データ、アラーム数、イベント数、AP およびクライアント数など、さまざまなパフォーマンス メトリックを取得します。 、およびクラスターと管理ポートの概要データ。

注: LogicMonitor は Ruckus SmartZone (SZ) の監視を提供しますが、Virtual SmartZone (vSZ) の監視は提供しません。

セットアップ要件

モニタリングへのリソースの追加

次の資格情報を使用して、Ruckus SmartZone ホストをモニタリングに追加します。

  • ruckus.user
  • ruckus.pass
  • (オプション) ruckus.port

注: デフォルトのポートは 8443 です。HTTPS を使用して、指定されたポートまたはデフォルトのポートを介して、(コネクタからリソースに対して実行される) API からデータを取得できる必要があります。 リソースを監視に追加する方法の詳細については、次を参照してください。 デバイスの追加.

LogicModulesをインポートする

にリストされている Ruckus SmartZone LogicModules をインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。

考慮事項

  • SNMP: スケーリングとパフォーマンス上の理由から、SNMP は   SmartZone システムの監視に推奨されます。
  • 仮想 SmartZone: 仮想 SmartZone システムの監視は、   お勧めします。
  • データなし: Ruckus_SZ_ManagementSummary 出力を次のように表示します データなし 管理ポート データがない場合。

パッケージ内のLogicModules

Ruckus SmartZone 用の LogicMonitor のパッケージは、次の LogicModule で構成されています。 完全にカバーするには、これらの LogicModules がすべて LogicMonitor プラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名 Description
addCategory_Ruckus_SZプロパティソースRuckus SmartZone コントローラーから製品の APIVersion 情報を取得し、Ruckus_SZ システム カテゴリを設定します。
Ruckus_SZ_AlarmサマリーデータソースAP ごとに各コントローラ リソースのアラーム イベント カウントを収集します。
Ruckus_SZ_Cluster概要データソースRuckus Clusters の API からネットワーク トラフィックとパケット データの概要を収集します。
addCategory_Ruckus_SZ_ClusterModeプロパティソースipv4 または ipv6 クラスター IP アドレスを確認します。
Ruckus_SZ_Cluster概要データソースRuckus Clusters の API からネットワーク トラフィックとパケット データの概要を収集します。
Ruckus_SZ_ControllerInventoryデータソースRuckus Clusters の API からネットワーク トラフィックとパケット データの概要を収集します。
Ruckus_SZ_Controller概要データソースメモリ、CPU、トラフィック、パケット、およびディスク使用量について、Ruckus コントローラーの API から概要データを収集します
Ruckus_SZ_Device Summaryデータソースデバイス クライアント数、2.4g および 5g チャネル、稼働時間
Ruckus_SZ_イベント概要データソースクリティカル、メジャー、マイナー、警告、デバッグ、および情報イベントのカウントを収集します
Ruckus_SZ_Managementの概要データソースRuckus 管理インターフェースの API から概要データを収集します
Ruckus_SZ_稼働時間データソースRuckus コントローラーの API からアップタイム データを収集します。

注: Ruckus vSZ は、SZ モジュールではサポートされていません。

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で