サポートセンターホーム


カフカ

Kafkaは、JMXを使用するLogicMonitorによって包括的に監視されます。 これは、JMXをセットアップする必要があることを意味します(他のJavaアプリケーションと同様)。

1. Kafkaを指定する前に、環境変数JMX_PORTをエクスポートして、指定したポートでJMXを有効にして開始するようにKafkaを構成します。

たとえば、ポート9999でJMXを有効にするには、Kafka起動スクリプトを編集して次の行を含めます。 export JMX_PORT=9999

2. LogicMonitorがKafkaを検出および監視できるようにするには、KafkaがリッスンしているJMXポートをデバイスレベル以上のプロパティとして設定します(デバイスがプロパティを継承するようにします)。

Kafkaポートは、次のプロパティを使用して設定されます。 kafka.jmxport

3. Kafkaを実行するすべてのサーバーで、カテゴリを設定します カフカブローカー データソースが正しいリソースに関連付けられるようにします。

ActiveDiscoveryはすべてのトピックを見つけ、包括的なKafkaモニタリングを開始する必要があります。