サポートセンターホーム


データソースをリソースに適用する方法

概要

データソースは、監視するさまざまなリソース(デバイス、アプリケーション、データベース、クラウドアカウントなど)について収集する必要のある数値の時系列データを定義します。 収集されるデータのタイプを定義することに加えて、データソースは、そのデータがどのように収集されるか、およびアラート条件を構成するものも定義します。

LogicMonitorは、XNUMXを超える事前構成されたデータソースとともにインストールされるため、インフラストラクチャの大部分の監視を即座に開始できます。 これらのデータソースの一部は、インフラストラクチャ全体に非常に広く適用されます(たとえば、WinCPUデータソースは、Microsoft Windowsベースのオペレーティングシステムを備えていると識別されたリソースに適用される可能性があります)が、一部のデータソースは、非常に特定のエンティティを対象としています(たとえば、Barracuda Mail Filter DataSourceは、 Barracuda Spam Firewallを搭載したシステム)。

しかし、データソースがどのように適用されるかを決定するものは何ですか? LogicMonitorは、いくつかの例外を除いて、監視に使用できるようにしたリソースに関連するデータソースを自動的に適用するプロセスを作成しました。

この自動化されたプロセスは、リソースが監視に追加されると開始されます(を参照)。 デバイスの追加 監視へのリソースの追加の詳細については)、次の一般的な手順で構成されています。

  1. プロパティの割り当て
  2. データソースのAppliesToロジックの評価
  3. インスタンスの検出
  4. データ収集

これらの各手順については、次のセクションで詳しく説明します。

プロパティの割り当て

リソースが監視に追加されると、LogicMonitorはWMIとSNMPを使用して一連のクエリをすぐに実行し、オペレーティングシステムのバージョン、IPアドレス、sysOID、サポートされているSNMPバージョン、システムカテゴリなどのリソースに関する基本的なシステム情報を決定します。 この情報は、リソースに関連付けられているプロパティとして保存されます(例: system.ips プロパティはIPアドレスを格納します)。

基本的なシステム情報が決定されてリソースに割り当てられると、XNUMXつ以上のPropertySourcesがさらにプロパティをリソースに割り当てる可能性があります。 PropertySourcesは、GroovyまたはPowerShellスクリプトの出力に基づいてリソースレベルでプロパティを自動割り当てするLogicModuleです。 たとえば、WindowsベースまたはLinuxベースのオペレーティングシステムを使用していると識別されるリソースを監視に追加したばかりの場合、 addCategory_MSSQL すべてのLinuxまたはWindowsホストで実行するように構成されているPropertySourceは、リソースにクエリを実行して、Microsoft SQL Serverを実行しているかどうかを確認し、実行している場合は、「MSSQL」の値をに割り当てます。 system.categoriesプロパティ。

PropertySourcesが新しく追加されたリソースと自動的に照合されるまでに最大24時間の遅延が発生する可能性があります。 ただし、 PropertySourcesの作成、PropertySourceの関連付けを手動で開始する方法があります。

注意: プロパティを手動でリソースに割り当てることもできます。

LogicMonitorがリソースにプロパティを自動的に割り当てるために使用するメカニズム(またはプロパティを手動で割り当てるプロセス)の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

データソースの評価AppliesToLogic

リソースに割り当てられたプロパティ(LogicMonitorによって自動的に設定されるか、手動で設定される)は、データソースによって使用され、リソースに関連付けられているデータソースを決定します。 具体的には、 に適用されます データソース定義で見つかったフィールドが評価されます。 このフィールドの式は、データソースが評価するプロパティを指定します。 このフィールドの式がTRUEと評価された場合、データソースがリソースに適用されます。 たとえば、前のセクションの例を続けると、SQL Serverトラブルシューティングデータソースは、値が「MSSQL」であるすべてのリソースに適用されます。 system.categories プロパティ。 

データソース定義のフィールドに適用
このデータソースは、値が「MSSQL」であるすべてのリソースに適用されます。 system.categories プロパティ。

注意: AppliesToロジックは、データソースに固有のものではありません。 EventSources、ConfigSources、PropertySourcesなどの他のLogicModuleも、AppliesTo式を使用して、関連付けられているリソースを判別します。 LogicMonitorのAppliesToスクリプト言語の詳細については、を参照してください。 AppliesToスクリプティングの概要.

DataSourcesにあるAppliesToスクリプト式の評価は、リソースのプロパティが追加または更新されるたびに行われます。 LogicMonitorは、更新されたプロパティに対してすべてのデータソースを再評価して、追加のデータソースをリソースに適用する必要があるかどうか、または既存のデータソースをリソースから削除する必要があるかどうかを確認します。 同様に、DataSourceのAppliesTo式が変更された場合、LogicMonitorは新しいAppliesTo式に従ってすべてのリソースとそのプロパティを再評価します。 このプロセスは自動化されていますが、で説明されているように、アクティブディスカバリーを手動で開始することにより、特定のリソースに対して強制することができます。 アクティブディスカバリー.

監視するインスタンスを少なくともXNUMXつ識別するリソースに適用されるすべてのデータソースは、リソースの子としてリソースツリーに一覧表示されます。 リソースのプロパティに基づいてリソースに適用されるデータソースを作成することは可能ですが、実際には監視するインスタンスを特定しません。 そのような場合、データソースはリソースツリーに表示されません。

リソースツリーにリストされているデータソース
監視するインスタンスを少なくともXNUMXつ識別するリソースに適用されるすべてのデータソースは、リソースの子としてリソースツリーに一覧表示されます。

注意: リソースツリーから適用されたデータソースを表示することに加えて、選択することにより、データソース定義からデータソースが適用されるすべてのリソースを表示することもできます。 詳細| 関連するデバイスを表示する.

インスタンスの検出

データソースがリソースに適用されると、リソースのインスタンスが検出され、データ収集が開始されます。 一部のデータソースでは、デバイスごとに監視するインスタンスがXNUMXつだけ(pingなど)になりますが、他のデータソースでは、デバイスごとに監視する複数のインスタンス(ディスク、サーバーボリューム、インターフェイスなど)を識別できます。

シングルインスタンスデータソースの場合、インスタンスは自動的に追加され、データ収集がすぐに開始されます。 マルチインスタンスデータソースの場合、リソースに対して該当するすべてのインスタンスを識別するために、アクティブディスカバリプロセスを有効にして実行する必要があります(または、代わりに、インスタンスを手動で追加する必要があります)。 Active Discoveryまたは手動でインスタンスを追加する方法の詳細については、を参照してください。 アクティブディスカバリー 影響により インスタンスの追加 それぞれ。

データ収集

インスタンスが識別されると、データ収集が開始されます。 マルチインスタンスデータソースの場合、インスタンスごとおよび集計ベースでデータを表示できます。 で概説されているように リソースページのナビゲート、データソースによって収集されたデータは、発生したアラートやその他の関連情報とともに、未加工の形式またはグラフ形式で[リソース]ページから表示できます。

記事上で