SeleniumWebchecks

最終更新日:05年2022月XNUMX日

LogicMonitorを使用してSeleniumWebcheckを管理するには、ブラウザートランザクションを記録してから、WebcheckをLogicMonitorにアップロードします。 LogicMonitorは、Selenium Syntheticsチェックからレイテンシデータを収集します(テストまたはユーザーワークフローで指定された時間の長さ) .side 完成するファイル)。 また、チェックまたはワークフローの結果、Webサイトに問題がある可能性があることを示す、予期しないエラーが発生したかどうかもキャプチャします。

データがLogicMonitorに取り込まれた後、LM APMおよびLMログを使用して、潜在的なユーザーの問題についてデータを表示できます。

認証

次のアクションを使用して、SyntheticsWebcheckに認証を追加できます。

  • Selenium内の適切なクレデンシャルのパラメーター化 .side file
    これは、ブラウザトランザクションを記録した後、 .side 適切な認証を使用してファイルします。
  • WebcheckをLogicMonitorにアップロードするときに資格情報を指定する
    LogicMonitorポータルのSyntheticsWebサイトテストウィザードのステップで資格情報を指定できます

資格情報は、ユーザー名とパスワード、および多要素認証(MFA)を使用している場合はトークンで構成されます。 LogicMonitorは、Selenium IDEの既存の変数置換を利用して、認証情報を安全に挿入します。

Requirements

ブラウザのトランザクションを記録するには、 Selenium IDEChrome拡張機能.

ブラウザトランザクションの記録

フォロー 始めに ブラウザトランザクションを記録するためのSeleniumからの指示。

完了したら、LogicMonitorにアップロードするためにアクセスできる場所に.sideファイルを保存します。

ヒント: Seleniumを使用すると、VNCビューアを使用してセッションに接続し、テストの実行中にブラウザを監視できます。 VNCビューアを使用して、VNCを公開ノードポートに直接接続できます(たとえば、 VNC接続).
Selenium Grid 4には、NoVNCWebビューアーが含まれています。 ポート7900を公開すると、ブラウザでポートを開いて、ビューアをインストールせずにVNCビューアのアクティビティを確認できます。 提供されているdocker-composeファイルを使用する場合は、次を使用します。
– Chrome:「http://:7900」
–エッジ:「http://:7901」
– Firefox:「http://:7901」
その他のヒントについては、以下を参照してください。
https://github.com/SeleniumHQ/docker-selenium#debugging
Selenium Webcheckで「Pollnow」を実行して、発生する可能性のあるエラーメッセージを確認することもできます。

ブラウザの記録に認証を追加する

認証を追加するには、Seleniumで資格情報をパラメーター化する必要があります .side ユーザー名、パスワード、トークンの各インスタンスを適切な変数置換に置き換えてファイルします。

変数名をで囲むことにより、SeleniumIDEテキストフィールドで変数を置き換えることができます ${}。 たとえば、変数の値を置き換えるには myVar の状態に if ステートメントは次のようになります。
${myVar} === "a".

詳細については、Seleniumのを参照してください。 条件分岐 のドキュメントで詳しく説明されています)。

LogicMonitorは、次の特別な変数を使用して、クレデンシャルのユーザー名、パスワード、およびトークンをそれぞれ置き換えます。

  • credential.username 
  • credential.password
  • credential.token
各クレデンシャルフィールド(ユーザー名、パスワード、およびトークン)は、を使用して実行ログに出力されます。 echo コマンド。

推奨事項: テストのプル元となるユーザーの「プール」に追加する複数のテストユーザーアカウントを指定します。 これにより、MFAを適切にテストできるようになり、特定のテストユーザーが異なる場所から何度もログインしようとする状況を回避できます。

SeleniumWebchecksをLogicMonitorにアップロードする

  1. [リソース]タブから[SyntheticsWebサイトテスト]オプションを追加するには、次の場所に移動します。 資料 > 追加 > SyntheticsWebサイトテスト.
  1. 画面の指示に従って、ブラウザのトランザクション記録から.sideファイルをアップロードします。
  2. ウィザードの[アクセス許可]ステップで、認証に適切な資格情報を追加していることを確認します。

テストクレデンシャルに適切なMFAタイプ、シード、および長さを取得するには、特定のMFAプロバイダーのドキュメントを参照してください。 

記事上で