サポートセンターホーム


アラート配信のトラブルシューティング

概要

すべてのアラートは、LogicMonitorインターフェイス内に表示されます。 さらに、テキスト、電子メール、音声通話、チケットシステムなどのサードパーティアプリとの統合など、さまざまな配信方法を介してアラートをルーティングすることを選択できます(アラートルールとエスカレーションチェーンを使用)。

受信するはずのルーティングされたアラート通知を受信して​​いないと思われる場合、または受信しているアラート通知が多すぎると思われる場合は、次のセクションに記載されているトラブルシューティングのヒントに従ってください。

欠落しているアラート通知のトラブルシューティング

アラートの生成とそれに続くアラート通知のルーティングには、LogicMonitorに多くの可動部分があります。 さらに、アラートノイズを低減するために、対象となる状況下でアラート通知をインテリジェントに抑制しようとする機能があります。 次のセクションでアラート通知が欠落している考えられる原因を確認して、状況に当てはまるものがあるかどうかを確認してください。

アラートは生成されていますか?

まず、問題がアラートにあるかどうかを区別することが重要です 世代 またはアラート 配達。 ルーティングされているかどうかに関係なく、すべてのアラートはLogicMonitorアカウントの[アラート]ページ/タブに表示されます。

インターフェイス内で通知を受信する必要があると思われるアラートが見つからない場合(フィルター基準にクリアされたアラートを手動で含めるようにしてください)、アラートは最初からトリガーされていない可能性があります。 この場合、トリガー基準を調整する必要があります(例: データポイントのしきい値, Webサイトアラート構成、など)アラートが期待どおりにトリガーされるようにします。

アラートはアラートルールと一致しますか?

LogicMonitorアカウント内にアラートが表示されているのにアラート通知を受信して​​いない場合は、そのタイプのアラートの通知をルーティングするようにアラートルールが構成されているかどうかを確認する必要があります。 アラート通知がルーティングされるためには、特定のWebサイト、EventSource、リソースデータポイントなどが一致する必要があることに注意してください。 アラートルール、およびこのアラートルールは エスカレーションチェーン 通知を配信する受信者が含まれています。

ほとんどの場合、アラート通知は予期しないアラートルールに一致しているため、意図した宛先に到達しません。 この可能性をトラブルシューティングするには、次のことができます。

  • で説明されているように、アラートルーティングをテストします アラート配信のテスト.
  • [アラート]ページの[アラートルール]列を表示して、どのアラートルールがアラートに一致しているかを確認します。 [アラート]ページの列のカスタマイズの詳細については、を参照してください。 アラートページからのアラートの管理.

SDT中にアラートがトリガーされましたか?

次の期間中に発生するアラートに注意してください スケジュールされたダウンタイム(SDT) LogicMonitorインターフェイスに表示されますが、外部配信用にルーティングされることはありません。 SDTにあるリソース(またはWebサイト、EventSourceなど)は、LogicMonitorインターフェイス全体で一意の時計アイコンで示され、SDTステータスをすばやく識別できるようにします。

LogicMonitorのAIOps機能のXNUMXつによってアラート通知が抑制されていますか?

アラートがアラートルールに一致する可能性がありますが、それでもLogicMonitorのインターフェイスを超えてルーティングされない可能性があります。 このシナリオは、アラートノイズをインテリジェントに低減するために機能するLogicMonitorのAIOps機能のXNUMXつを介してアラート通知抑制が有効になっている場合に発生します。 これらの機能の詳細については、を参照してください。 データポイントの動的しきい値の有効化 影響により 根本原因分析の有効化 それぞれ。

エスカレーションチェーンレートは制限されていますか?

エスカレーションチェーンでレート制限が有効になっている場合、指定した期間にエスカレーションチェーンに送信できるアラート通知の数が制限されます。 レート制限の詳細については、を参照してください。 エスカレーションチェーン.

ユーザーの連絡先情報が間違っていませんか?

エスカレーションチェーンの受信者は通常、ユーザーアカウントを使用して指定されます。 エスカレーションチェーン内のユーザーの情報が正しくない場合、アラート通知は正しく配信されません。 連絡先の設定を再確認してください(設定| ユーザーと役割| ユーザー)問題のユーザーアカウントの場合。

受信している電子メールまたはSMSゲートウェイは、メッセージの配信を拒否したり、メッセージをキューに入れたりしていませんか?

スパム制御、ゲートウェイの設定ミス、DNSの問題などが原因で、アラート通知メッセージが拒否またはキューに入れられる可能性があります。

アラート通知は、電子メールクライアントによってスパムとしてマークされましたか?

スパムフォルダを確認してください。

コレクター、Webサイト、EventSource、または外部アラートのアラート通知がありませんか?

  • コレクタ。 コレクターのダウンアラートの通知が受信されない場合は、コレクターに有効なエスカレーションチェーンが指定されていることを確認してください。 コレクターの監視.
  • ウェブサイト。 LogicMonitorは、チェックポイントを使用して、Webサイトにアクセスできるかどうかを判断します。 構成済みのWebチェックとPingチェックを使用すると、複数または個別のチェックポイントの障害に応じてアラート通知設定を区別できます。 これらの設定が期待どおりであることを確認してください。 Webサイトのアラート設定の詳細については、を参照してください。 pingチェックの追加 or Webチェックの追加.
  • EventSources。 LogicMonitorは、重複するEventSourceアラート通知を自動的に抑制します。 で提供されている重複抑制の詳細を確認します EventSourcesの作成 動作が期待どおりであることを確認します。
  • 外部アラート。 参照されているコレクターがオンラインであることを確認してください。

アラート通知が多すぎるトラブルシューティング

LogicMonitorアラート通知メールの受信が多すぎると、最終的にアラートの疲労や重要なアラートの無視につながる可能性があります。 この望ましくない状況を回避するためのヒントは次のとおりです。

  • で説明されているように、環境に合わせて静的データポイントのしきい値を調整する データポイントの静的しきい値の調整.
  • ターゲットの状況に対するアラート通知をインテリジェントに抑制するのに役立つAIOps機能を有効にします。 これらの機能の詳細については、を参照してください。 データポイントの動的しきい値の有効化 影響により 根本原因分析の有効化 それぞれ。
  • すべてのアラートのルーティングを回避します。 警告の重大​​度(エラーまたはクリティカルと比較して)のアラートなど、一部のアラートは、LogicMonitorレポートで定期的に表示するか、を使用してチケットシステムに投稿する方が適切です。 カスタムアラート配信方法.

記事上で