サポートセンターホーム


EAコレクター-25.300

11.08.17に公開

EA Collector 25.300は9年2017月XNUMX日にリリースされ、以下が含まれます。

改善点:

  • v97では、サービスチェックでSSLの有効期限を追跡し、SSL関連のさまざまなエラーを警告できるようになりました。 エラーの種類は次のとおりです。
    • 期限切れの証明書
    • CAは信頼できません
    • CNの不一致のホスト名
    • SSL接続に失敗しました
  • Perfmonコレクションのパフォーマンスが大幅に向上しました。
  • WMIコレクションのパフォーマンスと容量の改善。
  • Windows Collectorインストーラーが改善され、アクセス許可/インストール手順がわかりやすくなりました。 コンピュータがドメイン上にあるかどうかを自動的に検出し、この場合にのみ個別のドメインフィールドを表示するようになりました。 
  • 不要なコレクターの再起動を回避するためのいくつかの改善。
  • コレクターキャッシュが使用されている場合のCPU消費を削減するための改善。
  • VMWare APIを使用して、ESXデバイスをより効率的に検出/識別します。
  • CollectorのJDKをバージョン8u144にアップグレードしました。
  • 場合によっては、コレクターは、削除する必要がある誤ったシステムプロパティを報告します。 このような特殊なケースのために、デバイスのシステムプロパティを手動で追加、更新、または削除するためのデバッグコマンド!hostpropertyを追加しました。 これにより、デバイス情報がすぐに更新され、適用されるデータソースに影響を与える可能性があることに注意してください。 

バグ修正:

  • 「テストスクリプト」の出力およびエラーメッセージが修正/改善されました。
  • JDBCデータソースのURLに「integratedSecurity」が指定されている場合、クエリの実行時にURLは上書きされません。
  • Docker環境でコレクターが再起動する問題を修正しました。