サポートセンターホーム


Push MetricsAPIによって作成されたデータソースの管理

リソースがPushMetrics REST APIを介してメトリックを受信するには、リソースがDataSourceに関連付けられている必要があります。 データソースは、最初にPush Metrics RestAPIを介して作成する必要があります。 詳細については、を参照してください。  Push Metrics RESTAPIを使用したメトリックの取り込み.

Push Metrics REST APIによって作成されたデータソースは、他のデータソースと一緒にLogicMonitorプラットフォームに保存され、既存のデータソースと同様に管理されます。

データソースの設計

設定ページからプッシュメトリクスRESTAPIを介して作成されたデータソースを管理できます。 アラートルールで参照できるデータソースデータポイントにしきい値を設定することもできます。

ただし、データソースには、プッシュモデルデータの取り込みをサポートできるようにするいくつかの固有の属性があります。 これらの固有の属性と制限については、次のセクションで説明します。

Push_Modulesの指定

メトリックをリソースにプッシュするデータソースには、収集メソッドタイプとして「push_modules」が指定されます( コレクタ DataSource指定のフィールド)。 
インターフェイスを介してデータソースの指定を変更することはできません。

アクティブディスカバリーが無効

Push Metrics APIによって作成されたデータソースは、複数のインスタンスをサポートします。 ただし、データソースはインスタンス情報に依存しているため、アクティブ検出メソッドでインスタンスを検出することはできません。 APIリクエストを介してプッシュされたメトリック。

LogicMonitorは、同一のロジックを使用して、データ収集のプルモデルにのみ関連する他のデータソース構成を無効にします。
たとえば、LogicMonitorは、収集間隔を設定する機能と、データがないことを警告する機能(データなしアラートと呼ばれます)を無効にします。

AppliesToステートメント

Push Metrics REST APIによって作成されたすべてのデータソースには、そのデータソースをAPI呼び出しでそれに付随するリソースに明示的に関連付けるAppliesToステートメントがあります。
たとえば、API呼び出しがプッシュメトリクスREST APIに、データソースBを使用してリソースAのメトリクスを取り込むように指示した場合:

  • データソースBに関連付けられた一意のタグが、リソースAのsystem.pushmodulesプロパティに値として追加されます。
  • DataSource BのAppliesToステートメントは、system.pushmodulesプロパティの値としてタグを保持するリソースにのみ関連付けられます。 これは、hasCategory()関数と概念が同じであるhasPushModules()関数を介して行われます。 AppliesToステートメントの詳細については、を参照してください。 AppliesToスクリプティングの概要.

画像に示されているPushDS1csternDataSourceには、API呼び出しで付随するリソース(system.pushmodulesプロパティのリソースへの割り当てを介して)に明示的に関連付けるAppliesToステートメントがあります。 このAppliesToステートメントは編集できません。

データポイントの管理

データポイントはAPIリクエストによって作成され、LogicMonitorインターフェイスから変更または削除することはできません。 さらに、Push Metrics REST APIによって作成されたデータソースの定義に追加できるのは、複雑なデータポイントのみです。
APIリクエストによって作成されたデータポイントを編集することはできません。 ただし、データポイントにしきい値を適用することはできます。

注:LogicMonitorは、APIリクエストによって作成されたすべてのデータポイントのグラフを自動的に作成します。

インスタンスの管理

LogicMonitorのActiveDiscoveryプロセスを使用して、APIリクエストによって作成されたインスタンスを検出することはできません。 さらに、Push MetricsDataSourceによって作成されたインスタンスをポータルインターフェイスまたは 標準のRESTAPIを使用してインスタンスを削除する。 ただし、Push Metrics RESTAPIを介してインスタンスを削除することはできません。

注:Push Metrics REST APIには、インスタンスのプロパティの更新専用のエンドポイントがあります。 詳細については、を参照してください。 Push Metrics RESTAPIを使用したインスタンスプロパティの更新.

データソースのクローン作成

次の場所に移動して、データソースのクローンを作成できます。 [設定]> [LogicModules]> [データソース]>必要なデータソースを選択します をクリックし クローン.

データソースの削除

プッシュメトリクスデータソースは、他のデータソースと同じ方法でLogicMonitorインターフェイスを介して削除できます。 Push Metrics RESTAPIを介してPushMetricsデータソースを削除することはできません。 削除されると、そのデータソースにプッシュされたデータはすべて無視されます。

記事上で