サポートセンターホーム


Kubernetesクラスターのモニタリング構成を更新する

「Kubernetesクラスターの追加」ウィザードを使用してクラスターを最初にモニタリングに追加するときは、モニタリングのさまざまな側面(コレクターのサイズ、Kubernetes RBACが有効になっているかどうか、必要なコレクターレプリカの数など)を構成し、LogicMonitorがHelmコマンドを提供します設定に一致するインストールを有効にします。

クラスターをモニターに追加した後は、このウィザードは使用できません。 これらの構成アイテムのXNUMXつを後で変更する必要がある場合、最も簡単な方法は次の方法です。 ヘルメット クラスター内で直接。 具体的には、次のことを行う必要があります Helmリリースをアップグレードする Argusおよび/またはCollectorset-Controllerの場合は、必要なオプションを変更します。

注意: コレクターポッドが使用できなくなったコレクターバージョンで再作成しようとすると、最新のコレクターバージョンが自動的に使用され、ポッドが正常に起動するようになります。

設定オプション

Argusで利用可能なすべての構成オプションを確認できます こちら、およびCollectorset-Controllerの場合 こちら.

我々は、 --reuse-values アップグレード中にフラグを立てて、変更されていない以前のオプションがそのまま残るようにします。 たとえば、コレクターレプリカの数を「2」に更新するには、クラスターで次のコマンドを実行します。

helm upgrade --reuse-values --recreate-pods --set collector.replicas="2" argus logicmonitor/argus

Helmを使用して、ArgusおよびCollectorset-Controllerリリースの現在の構成を表示することもできます。これは、変更を加える前に役立つ場合があります。

helm get values argus

注意: LogicMonitorは、特定のリリースのHelmChartsリポジトリを更新します。 クラスターに最新のグラフがあることを確認するには、変更を加える前に次のコマンドを実行します。

helm repo update

LMコンテナの削除

新規インストールから始めることをお勧めします。 既存のArgusとCollectorset-ControllerをKubernetesクラスターから削除するには、次のHelmコマンドを実行します。

helm delete collectorset-controller
helm delete argus

記事上で