サポートセンターホーム


エスカレーションチェーンリソースについて

エスカレーションチェーンリソースを使用すると、LogicMonitorエスカレーションチェーンをプログラムで管理できます。

すべてのAPI呼び出しと同様に、 認証が必要です

LogicMonitorのRESTAPIを使用すると、次のことができます。

リソースURI:

/ settings / alert / chain

 

リソースのプロパティ:

すべてのエスカレーションチェーンには、次のプロパティがあります。

プロパティ

商品の説明

種類

id エスカレーションチェーンのID 整数
エスカレーションチェーンの名前 文字列
説明 エスカレーションチェーンに関連する説明 文字列
有効スロットリング このエスカレーションチェーンでスロットル(レート制限)が有効になっているかどうか。 trueの場合、throttlingPeriodとthrottlingAlertsは、アラートがどのように抑制されるかを示します。 ブーリアン
スロットル期間 メモに関連付ける必要のあるタグ。 各タグには一意のIDと名前があります。新しいタグまたは既存のタグの名前、または既存のタグのIDを含めることができます。 整数
スロットルアラート メモに関連付ける必要のあるタグ。 各タグには一意のIDと名前があります。新しいタグまたは既存のタグの名前、または既存のタグのIDを含めることができます。 整数
アラート中 このエスカレーションチェーンに一致するアクティブなアラートが現在あるかどうか。 ブーリアン
目的地 エスカレーションチェーンに関連付けられている宛先。 各宛先オブジェクトは、少なくともXNUMXつのステージ、タイプ(single | timebased)、および期間(type = timebasedにのみ適用)で構成され、各ステージには、タイプ(admin |任意| group)、メソッド、アドレス、および連絡先が含まれます。 JSONオブジェクト
cc宛先 CC受信者–これらの受信者は、すべてのステージに送信されるすべての通知を受信します。 各ccDestination(受信者)には、タイプ(常に任意)、メソッド(常に電子メール)、アドレス、および連絡先が含まれます。 JSONオブジェクト