サポートセンターホーム


6.LogicMonitorアラートを理解する

LogicMonitorアラートは、インフラストラクチャ内に問題または将来の問題がある場合に通知します。

LogicMonitorは何を警告しますか?

LogicMonitorは次のことを警告できます。

  • データソース
  • 構成ソース
  • イベントソース
  • Webチェック
  • コレクターのダウン、フェイルオーバー、およびフェイルバック
  • ジョブモニター
  • ホストクラスター

データソースアラートが最も一般的であり、これらのアラートは、LogicMonitorコレクターがデバイスから受信している値に基づいています。 データポイントのしきい値基準が満たされると、データソースアラートがトリガーされます。

LogicMonitorは何を警告しますか?

データポイントは、特定のデータソースに対して監視されているメトリックであることに注意してください。 各データポイントには、LogicMonitorのXNUMXつのアラート重大度レベルごとにXNUMXつずつ、合計XNUMXつの静的しきい値を設定できます。 データポイントのアラートトリガー間隔とアラートクリア間隔は、アラートをトリガーするためにデータポイント値がしきい値を満たす必要があるポーリング間隔、またはアラートをクリアするためにしきい値を満たさないポーリング間隔の数をそれぞれ示します。

アラートの重大度の違いはどういう意味ですか?

クリティカルアラート 最悪のシナリオを示します。インフラストラクチャに問題があり、修正する必要があります。 これらのアラートは事後対応型アラートとして設計されています。つまり、適切なチームメンバーにアラートをルーティングし、できるだけ早く対応する必要があります。

エラーアラート インフラストラクチャ内の何かが間違っているか、正常に動作していないことを示しますが、それを修正するために実行する必要のある特定のアクションがない可能性があります。 エラーアラートの問題について知りたいのですが、クリティカルアラートと同じ緊急性はありません。

警告アラート インフラストラクチャに認識したい潜在的な問題があるが、まだ問題を引き起こしていない可能性があることを示します。 警告アラートは通常、予防的なアラートになるように設計されています。つまり、LogicMonitorは、将来問題が発生する可能性があることを通知します。 通常、これらのアラートをすぐに処理するためにルーティングする必要はありません。代わりに、LogicMonitorレポートで定期的に確認するのが最適です。 レポートは、ノイズがどこから来ているかを示し、電子メールまたはSMSメッセージにルーティングするアラートがあるかどうかを判断するのに役立ちます。

ほとんどのLogicMonitorデータソースには、事前構成されたデフォルトの静的しきい値が付属しているため、アラートは箱から出してすぐにトリガーされます。 ただし、LogicMonitorのクリティカルは、クリティカルと一致しない場合があります。 これらのしきい値を調整します ユースケースにより適しています。

記事上で