サポートセンターホーム


DNSスクリプティング方法

コレクターには、DNSベースのオブジェクトのスクリプトを作成できるようにするdnsjava(dnsjava.org)が含まれています。

ご使用の環境にインストールされているdnsjavaのバージョンを判別するには、Collectorインストール・フォルダーに移動して、インストールされているバージョンを確認してください。

  • Windowsのデフォルトのライブラリパス– C:\Program Files\LogicMonitor\agent\lib
  • Linuxのデフォルトパス– /usr/local/logicmonitor/agent/lib

見る https://github.com/dnsjava/dnsjava ご使用の環境にインストールされているdnsjavaのバージョンに関するドキュメント。

簡単な例として、データソースは次のようなスクリプトを使用して、ローカルDNSリゾルバーが機能していることを確認できます。

importorg.xbill.DNS。*; records = new Lookup( "gmail.com"、Type.MX).run()records.each(){println it} return(0);