サポートセンターホーム


FreeBSDモニタリング

FreeBSDでは、snmpデーモンをアクティブにし、デフォルトの設定よりも多くの情報を報告するように設定する必要があります。 また、ntpが 有効化および構成済み.

SNMPの有効化

FreeBSDには、デフォルトでbsnmpdデーモンが付属しています。 これはデフォルトでは開始されず、/ etc / snmpd.configによって構成され、デフォルトのコミュニティは「public」です。

システムの起動時に開始するようにbsnmpdを設定するには、次の行を/etc/rc.confに追加します。

bsnmpd_enable = "YES"

bsnmpモジュール

より完全な監視を可能にするには、bsnmp-ucdパッケージをインストールする必要があります。 このパッケージは、次の方法でインストールできます。

freebsd#pkg_add -r bsnmp-ucdftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ports/i386/packages-9.0/Latest/bsnmp-ucd.tbzのフェッチ...完了。

/etc/snmpd.configを編集して、次の行を追加します。

begemotSnmpdModulePath。 "ucd" = "/usr/local/lib/snmp_ucd.so"

行のコメントを解除します。

begemotSnmpdModulePath。 "hostres" = "/usr/lib/snmp_hostres.so"

bsnmpを再起動します

snmpを構成したら、変更を有効にするために、SNMPを起動または再起動します。

/etc/rc.d/bsnmpd 再起動

記事上で