HPE3PARモニタリング

HP 3PARストレージプラットフォーム用のLogicMonitorの監視スイートは、SSHを使用して、さまざまなヘルスおよびパフォーマンスメトリックについて3PARアプライアンスにクエリを実行します。

互換性

2022年3月の時点で、LogicMonitorのHPXNUMXPARパッケージは以下と互換性があることがわかっています。

  • バージョン3.3.1以降

HPが3PARの新しいバージョンをリリースすると、LogicMonitorは必要に応じてカバレッジをテストおよび拡張します。

セットアップ要件

モニタリングにリソースを追加する

3PARホストをモニタリングに追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

資格情報を取得する

LogicMonitorは、3PARリソースのデータにアクセスするために必要な適切なクレデンシャルを提供する必要があります。 3PAR LogicModulesは、SSHを使用してアレイのパフォーマンスデータをポーリングします。

重要: 3PARモニタリングを有効にするには、最初に読み取り専用権限を持つSSH管理アカウントを3PARシステムに作成する必要があります。

リソースへのプロパティの割り当て

次のカスタムプロパティは、LogicMonitor内の3PARリソースに設定する必要があります。 プロパティの設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ
ssh.userSSHユーザー名
ssh.passSSHパスワード
system.categoriessystem.categoriesに「3PAR-SSH」を追加します。
注意: これは手動で行う必要があります。

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorパブリックリポジトリから、にリストされているすべてのHP3PARLogicModuleをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。 LogicModulesがインポートされると、データ収集が自動的に開始されます。

トラブルシューティング

このパッケージのモジュールは、データ収集スクリプトに埋め込まれたデバッグモードで設計されています。 問題が発生した場合は、変数debugを「true」に設定してデバッグモードをオンにし、コレクターデバッグ機能でスクリプトをテストするときに出力でより多くの情報を取得します。 Collector Debug Facilityでのスクリプトのテストの詳細については、を参照してください。 スクリプトのトラブルシューティング.

パッケージ内のLogicModules

HP 3PAR用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名種類製品説明
3PARコントローラーデータソースCPUおよびキャッシュメトリックを含む、3PARコントローラー(ノード)の統計。
3PAR CPGデータソースHP 3PAR Common Provisioning Groupの統計(仮想ボリューム、シンプロビジョニングされた仮想ボリューム、およびシン重複仮想ボリューム)。
3PARディスクデータソース3PARディスクまたはPD(物理ディスク)の統計を収集します。
3PAR iSCSIデータソースSSH経由のiSCSIネットワーク統計。
3PARハードウェアヘルスデータソースさまざまなHP3PARハードウェアコンポーネントのヘルスステータス。
3PARポートデータソースsshを介して3PARポートのデータを収集します。
ボリューム別の3PARVLUNデータソースボリュームごとにVLUN統計を要約します。
ホスト別の3PARVLUNデータソースホストごとにVLUN統計を要約します。
3PARボリュームデータソースSSHを介してHP3PARボリュームのパフォーマンスと使用率を監視します。

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で