サポートセンターホーム


EAコレクター-28.200

04.10.19に公開

改善点:

  • PropertySourcesのメモリ使用量の削減
  • CPU使用率の最適化
  • SSEデータソースのインスタンス名の改善
  • NetFlow診断メッセージングの改善
  • クエリの失敗を回避するためのWindowsEventLogクエリの時間範囲処理の改善
  • かわった pdh.auto.switch.to.native.enable デフォルトに true。 また、Perfmonコレクションが失敗する問題を修正しました pdh.datacache.enable 影響により pdh.auto.switch.to.native.enable 両方に設定されました true
  • JMXコレクションは、MBeanの特殊文字「:」をサポートするようになりました

修正:
  • 重複するワイルド値を持つ一部のインスタンスがデータなしを報告する原因となるバッチスクリプトコレクションのキャッシュ動作を修正しました
  • WMIのPollNowDiagnosisでのパスワード公開の問題を修正しました
  • NetFlowが破損したデータを破棄せずに記録する問題を修正しました
  • わずかなクロックスキューが原因でJobMonitorsが予期せずアラートを出す問題を修正しました。 (ラッパースクリプトから)報告されたジョブの時間がSantabaの時間とXNUMX分以上異なる場合は、Santabaの時間を使用します。
  • ウォッチドッグがハングし、コレクターのアップグレードが妨げられる可能性がある状態を修正しました