サポートセンターホーム


自動バランスコレクターグループ

概要

従来、LogicMonitorでのコレクターへのデバイスの割り当ては、常に一方向のXNUMX対多の関係を表してきました。コレクターには複数のデバイスを割り当てることができますが、デバイスを複数のコレクターに割り当てることはできません。 これは、コレクター間のデバイスの割り当てと管理だけでなく、コレクターの負荷が適切にスケーリングされ、バランスが取れていることを確認する上でもいくつかの課題を提示します。

ご使用の環境に適している場合は、このXNUMX対多の関係を維持することを選択できますが、LogicMonitorには、自動バランスコレクターグループ(ABCG)を作成する機能もあります。 ABCGは、デバイスを複数のコレクターに割り当てることができるようにすることで、前述の課題に次のように対処します。

  • あるコレクターから別のコレクターにデバイスを動的に移動する 個々のコレクターがオーバーサブスクライブになるのを防ぐために、ABCG内で。
  • デバイスフェイルオーバーのスケーラビリティを向上させます。 ABCGのコレクターがダウンすると、そのコレクターによって監視されていたデバイスは、ABCGの他のコレクターに分散されます。
  • デバイスの作成プロセスを合理化する■コレクターのグループ内での容量管理の簡素化を可能にします。

自動バランスコレクターグループはどのように機能しますか?

Auto-Balanced Collector Group(ABCG)の監視しきい値は、現在の負荷や重み付けされたインスタンスではなく、生のインスタンス数に基づいています。 LogicMonitorは、30分ごとに、ABCGのコレクターごとに監視されているデータソースインスタンスの総数を分析します。

コレクターの監視しきい値を超えた場合:

  1. LogicMonitorは、インスタンス数が最も多いデバイスをそのコレクターからABCGで最も負荷が低いコレクターに移動することにより、負荷の再バランスを試みます。
  2. デバイスを移動すると、ターゲットコレクターがそのしきい値を超える場合、デバイスは移動されず、コレクター上で次に大きいデバイスが試行されます。
  3. このプロセスは、インスタンス数がターゲットコレクターのしきい値を下回るまで、またはすべてのデバイスが試行されるまで、そのコレクターによって監視されているすべてのデバイスで繰り返されます。

リバランス(デバイスをあるコレクターから別のコレクターに移動する)によってABCG内の他のコレクターがそれぞれの制限を超えた場合、移動が行われない可能性があります。 すべてのコレクターにインスタンスが多すぎると、自動バランシングが妨げられ、パフォーマンスに影響を与えます。 しきい値のリバランス.

注意: ABCGがリバランスされると、「System:AutoBalancedCollectorGroupCheck」のユーザーの下で監査ログにエントリが作成されます。

ABCGのコレクターに障害が発生すると、そのデバイスはグループ内の他のアクティブなコレクターに移動されます。 フェールオーバーコレクターを手動でXNUMX対XNUMXで指定することはできません。 むしろ、リバランスアルゴリズムがトリガーされ、デバイスはABCGの残りのコレクター間で可能な限り効率的にバランスが取られます。 障害が発生したコレクターがオンラインに戻ると、デバイスはしきい値の制限を超えていないと想定して、新しいコレクターに残ります。

コレクターグループの自動バランシングを有効にした後(詳細は 自動バランスコレクタグループの設定 このサポート記事のセクション)、現在監視しているすべてのデバイスにわたるコレクターのインスタンス数がコレクターリストに表示されます。 必要に応じて、インスタンス数のしきい値を調整できます。 しきい値のリバランス このサポート記事のセクション。

注意: コレクターにデータを送信するプロトコル(Syslog、SNMPトラップ、NetFlowなど)は、自動バランシングの一部ではありません。 これらのタイプのソリューションでは、エンドポイントデバイスでの構成が必要であり、アプリケーション層ではなくトランスポート層でのバランシングソリューションが必要になります。

自動バランスコレクターグループに含めるためのコレクターの考慮事項

デバイスは自動バランスコレクターグループ(ABCG)内のコレクター間で動的に移動するため、グループを構成するコレクターは可能な限り類似していることをお勧めします。 ABCG内のコレクターは、特に次の特性を共有する必要があります。

  • ネットワークのアクセシビリティ。 コレクターは、ABCGによって監視されるすべてのデバイスに対して同じネットワークアクセス可能性を持っている必要があります。
  • オペレーティング・システム。 コレクターは同じオペレーティングシステム上にある必要があります。 これは、LogicMonitorUIによって強制される厳しい要件です。 WindowsコレクターとLinuxコレクターは、デバイスの監視に関して異なる機能を備えています。 メトリックの継続性を確保するには、ABCGのコレクターが同じOSであることを確認してください。
  • コレクターバージョン。 必須ではありませんが、ABCGのすべてのコレクターを同じバージョンにすることをお勧めします。
  • コレクターの監視。 ABCGの一部であるコレクターは、自身の監視を維持する必要があります。 ABCGを優先コレクターとして設定することは避けてください。 見る コレクターの監視.

自動バランスコレクタグループの設定

Auto-Balanced Collector Group(ABCG)を構成するには、次の手順を実行します。

  1. 案内する 設定| コレクター 自動バランシングを有効にするコレクターグループを見つけます。
    • コレクターグループがまだ存在しない場合は、 追加| コレクターグループ 新しいグループの作成を開始します。 コレクターグループの作成とグループメンバーとしてのコレクターの追加については、を参照してください。 コレクターグループ.
    • コレクターグループが既に存在する場合は、その名前の右側にある下向き矢印をクリックし、表示されるドロップダウンメニューから[グループの管理]を選択します。

  2. トグル オートバランスコレクターグループ ダイアログの最上部にあるスライダーを右側に配置して、コレクターグループの自動バランシングを有効にします。
  3. コレクターが現在新しいABCGに割り当てられている場合(つまり、既存のコレクターグループをABCGに変換している場合)、 監視対象デバイスの自動バランス調整を行わない オプションが表示されます。 デフォルトでは、このオプションはオフになっており、すべてのデバイスがすべてのコレクター間で動的に移動できるようになっています。

    ただし、デバイスを現在のコレクターに割り当てたままにし、代わりに、自動バランシングに参加するためにケースバイケースでデバイスを手動で有効にする場合( 自動バランスコレクタグループへのデバイスの割り当て このサポート記事のセクション)、このオプションをチェックしてください(非推奨)。 逆に、このオプションをオフのままにして、デバイスを特定のコレクターで監視する必要がある(またはデバイスがコレクター間を移動するのが理想的ではない)シナリオがある場合は、手動で自動バランシングから削除できます。手動で追加するのと同じ方法で。

  4. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 セールで節約.

しきい値のリバランス

Auto-Balanced Collector Group(ABCG)内のコレクターのインスタンス数のしきい値は、ABCGに割り当てられたしきい値とコレクターマシンのRAMを使用して自動計算されます。 デフォルトでは、このしきい値は10,000インスタンスに設定されています。これは、2GBのRAMを使用する中規模のコレクターのインスタンス数のしきい値を表します。 (以下の計算を参照してください。)

次の表を参照点として使用して、ABCGの構成でこのしきい値を調整できます。 各コレクターで必要なインスタンスのおおよその数に相関する[中]列の値に制限を設定します。 追加のガイダンスについては、サポートにお問い合わせください。

おおよそのインスタンスしきい値
(中規模のコレクターしきい値制限に基づく)
小さい ミディアム 大型タッチスクリーン
4,950 7,000 9,900
7,070 10,000 14,140
10,600 15,000 21,210

コレクターが処理できるインスタンスの数は、次のように計算されます。

インスタンスの数=(Target_Collector_mem / Medium_mem)^ 1/2 * Medium_Threshold

たとえば、ユーザーが中(2G)コレクターのしきい値を10,000に設定した場合、大規模(4G)コレクターの場合、しきい値は次のようにスケーリングされます:(4/2)^ 1/2 * 10000 = 14140インスタンス

自動バランスコレクタグループへのデバイスの割り当て

デバイスは、構成設定からコレクターに割り当てられます。

デバイスを自動バランスコレクタグループ(ABCG)に割り当てるには、[コレクタグループ]フィールドにABCGを指定します。 デフォルトでは、 優先コレクター フィールドは動的に「自動バランス」に更新されます。 これは、デバイスが自動バランシングアクティビティに参加することを示しています。

特定のコレクターがデバイスを監視する必要がある場合(または、デバイスがコレクター間を移動するのが理想的でない場合)があります。 このような場合、で特定のコレクターを指定できます。 優先コレクター そのデバイス専用のフィールドで、自動バランシングアクティビティからデバイスを効果的に削除します。

記事上で