サポートセンターホーム


HostStatusデータソース

概要

世界 ホストステータス データソースは、インフラストラクチャを効果的に監視するための重要なコンポーネントです。 ポータルに追加されたすべてのデバイスに関連付けられ、デバイスが応答するかどうかを判断するために使用されます。 具体的には、 アイドルインターバル 内のデータポイント ホストステータス データソースは、LogicMonitorコレクターが組み込みの収集方法(SNMP、Ping、WMIなど)を介してホストからデータを収集できてからの時間を秒単位で測定します。

不在 ホストをダウンとして正式に宣言するには、データが重要です。 たとえば、個々のプロトコルのデータ収集の失敗は、更新されたSNMPコミュニティ文字列や新しいWMIユーザー名/パスワードなどの資格情報エラーが原因で発生する可能性があります。 ただし、デバイスはまだping可能である可能性があるため、実際にはダウンしていません。 スクリプトDataSourcesによって収集されたデータは、の値に影響を与えないことに注意してください。 アイドルインターバル データポイント。

のサンプル構成 アイドルインターバル 次にデータポイントを見ることができます。

HostStatusデータソースの機能

関連するコレクターがXNUMX分以上ホストに接続できない場合、そのホストから発せられるすべてのアラート通知は抑制されます(XNUMX分間は構成できません)。 このアラート通知の抑制は Studio上ではサポートされていません。 ホストがダウンしていると宣言されたことを示すアラートを自動トリガーします。 それがの仕事です ホストステータス 情報元。 ザ・ ホストステータス データソースは、で指定された期間の後にホストがダウンしていることを宣言するクリティカルアラートをトリガーします アイドルインターバル データポイントのアラートしきい値。

注意: 新しく追加されたデバイスがポータルに30分未満存在し、ホストステータスチェックに失敗した場合、30分後にダウンが宣言されません。 むしろ、ダウンと宣言される前に、少なくともXNUMX分間アクセス不能になる必要があります。

注意: ユーザーはカスタマイズしないでください ホストステータス 情報元。 増加などの変更 アイドルインターバル データポイントのアラートしきい値により、通知なしでアラートがカスケード抑制される可能性があります。

ホストダウンアラートの影響の監視

ホストがダウンすると、ホストから発信される他のすべてのアラート通知が抑制されます。 これは、それぞれのエスカレーションチェーンへの通知をトリガーしないことを意味します。 これは、ホストがダウンすることによるカスケード効果によって引き起こされるノイズを減らすことを目的としています。

トラブルシューティング

ホストダウンアラートを受信したが、ホストがダウンしていない場合は、 コレクターデバッグ機能 次の主要な行動方針のいずれかを試してください。

  • コレクターからホストへのネットワーク接続を確認してください。 発行する !ping コレクターデバッグインターフェイスからのコマンド。 の場合 !ping コマンドは0パケットが返されたことを報告し、を発行してコレクターのIPアドレスを取得します !ipaddress コマンド。 同じアドレスまたは名前を使用してコマンドラインから手動でpingを実行できる場合、これはバグを示しています。
  • pingが機能する場合は、タスクのスケジューリングまたは実行に問題がある可能性があります。 タスクのスケジュールまたは実行を確認するには、 !tlist 影響により !tdetail コマンド。 !tlist すべてのコレクターの収集タスクのリストと、各タスクのステータスを示します。 !tdetail 単一の収集タスクのより詳細なビューを提供します。 アプリケーションとコレクター間の通信に関するまれな問題により、タスクが適切にスケジュールされない可能性があります。

記事上で