コレクターリソースについて

概要

コレクターリソースを使用すると、LogicMonitorコレクターをプログラムで管理できます。 すべてのAPI呼び出しと同様に、 認証が必要です.

LogicMonitorのRESTAPIを使用すると、次のことができます。

リソース情報

URI: / settings / collectors

リソースのプロパティ: 各コレクターには、次のプロパティがあります。

プロパティ 製品説明 種類
idコレクターのID整数
作成日コレクターが作成された時刻(エポック形式)整数
updateOnコレクターが最後に更新された時刻(エポック形式)整数
アップタイムコレクターが稼働していた時間(秒単位)整数
watchdogUpdatedOnウォッチドッグサービスが最後に更新された時刻(エポック形式)整数
status0 | 1 | 2 | 3 –コレクターの登録ステータス。 0 =未登録、1 =登録済み、2 =停止、3 =一時停止整数
confVersionagent.conf構成ファイルのバージョン 文字列
ネットスキャンバージョンコレクターに関連付けられているNetscanバージョン文字列
ビルドコレクターバージョン文字列
コレクター会議コレクターの構成ファイル文字列
lastSentNotificationOnコレクターに通知が最後に送信されたエポック形式の時刻整数
プラットフォームコレクターデバイスのOS(Linux、Windowsなど)文字列
確認したtrue | false、コレクターが現在承認されているかどうかブーリアン
確認済みコレクターが承認されたエポック(アラートがある場合)整数
ackedByコレクターを確認したユーザー(アラートがある場合)文字列
確認コメントコレクターの確認応答に関連付けられたコメント(アラートがあり、確認済みの場合)文字列
クリア送信このコレクターにアラートの明確な通知が送信されたかどうかブーリアン
ダウンしていますコレクターが現在ダウンしているかどうかブーリアン
createdOnLocalコレクターが作成された時刻(現地時間形式)文字列
updateOnLocalコレクターが最後に更新された時刻(現地時間形式)文字列
watchdogUpdatedOnLocalコレクターウォッチドッグが最後に更新された時刻(現地時間形式)文字列
lastSentNotificationOnLocalこのコレクターに対して通知が最後に送信された時刻(現地時間形式)文字列
ackedOnLocalコレクターが確認された時刻(アラートがある場合)、現地時間形式文字列
hostnameコレクターがインストールされているデバイスのホスト名文字列
ホスト数コレクターによって監視されるデバイスの数整数
サービス数コレクターによって監視されるサービスの数整数
userVisibleHostsNumコレクターによって監視され、クエリを実行したユーザーに表示されるデバイスの数整数
userVisibleServicesNumコレクターによって監視され、クエリを実行したユーザーに表示されるサービスの数整数
次のアップグレード情報コレクターの次のアップグレードの詳細(スケジュールされている場合)JSONオブジェクト
説明コレクターの説明文字列
バックアップエージェント IDコレクターに割り当てられたバックアップコレクターのID整数
enableFailBackコレクターで自動フェールバックが有効になっているかどうかブーリアン
再送コレクターのアラート通知が再送信されるまでの間隔(分単位)整数
抑制アラートクリアコレクターのアラートクリア通知が抑制されているかどうかブーリアン
エスカレートしているChainIdこのコレクターに関連付けられているエスカレーションチェーンのID整数
次の受信者アラート通知が送信される次の受信者のID整数
onetimeUpgradeInfoコレクターのXNUMX回限りのアップグレードの詳細(スケジュールされている場合)整数
AutomaticUpgradeInfoコレクターの自動アップグレードスケジュール(存在する場合)の詳細整数
コレクターグループIDコレクターが所属するグループのID整数
コレクターグループ名コレクターが所属するグループの名前文字列
ユーザー権限コレクター情報を取得するためにAPIリクエストを行ったユーザーの権限レベル文字列
enableFailOverOnCollectorDeviceコレクターがインストールされているデバイスでフェイルオーバーが有効になっているかどうかブーリアン
記事上で