サポートセンターホーム


キャンプファイヤーの統合

などのグループチャットツール 37Signalsキャンプファイヤー コミュニケーション管理のために多くの企業に採用されています。 グループチャットルームにアラートを配信するようにLogicMonitorを構成するのは簡単です。 カスタムHTTPアラート配信方法.

この統合の適切な使用法は、電子メールアラートの過負荷を回避し、アラートへの応答性を高めることです。 Campfireにアラートを送信するには、次のものが必要です。

  1. Campfireから認証トークンを取得する
  2. LogicMonitor内でのカスタムHTTPアラート配信方法の構成
  3. カスタムHTTPアラート配信方法をエスカレーションチェーンに追加する

1.Campfireから認証トークンを取得する

注意: 認証トークンを生成するときにログインに使用するLogicMonitorという名前の別のcampfireユーザーを作成することをお勧めします。 このユーザーは、部屋にアラートを話しているように表示されるユーザーになり、そのユーザーは、ページを更新しない限り、チャットルームでアラートを受信しません。

Campfireの「AuthToken」を取得する

WebブラウザからCampfireにログインします。 ホームページから右上の「マイ情報」リンクをクリックします。 トークンはこのページにあります。

Campfireから必要となるその他の情報は、アラートを送信する部屋のURLだけです。これは、関連する部屋にいるときにブラウザから直接コピーできます。 例えば:

https://yourcompany.campfirenow.com/room/570279

Campfireに必要なのはこれだけです。 それをLogicMonitorに取り込んでみましょう!

2a。 CampfireAuthトークンをLogicMonitorに追加する

Auth Tokenは、LogicMonitorカスタムHTTPアラート配信メソッドがアラートをCampfireにルーティングするために使用されます。 カスタムHTTPアラート配信方法に直接ハードコーディングすることもできますが、次のように定義することをお勧めします。 プロパティ LogicMonitor内で、SNMPコミュニティやMySQLパスワードなどの他の認証資格情報を設定するのと同じように。

設定するプロパティは次のとおりです。

  • キャンプファイヤー_api.pass

このプロパティは、「認証トークン」はキャンプファイヤーから先に集めました。

LogicMonitorの[デバイス]タブから、アカウントレベルで[管理]を選択し(ナビゲーションペインで会社名をクリック)、プロパティを設定します。

2a。 CampfireAuthトークンをLogicMonitorに追加する

2b。 カスタムHTTPアラート配信方法の作成

[設定] | [設定]からカスタムHTTPアラート配信方法を追加します統合| 追加| カスタムHTTP配信方法:

2b。 カスタムHTTPアラート配信方法の作成

フィールドは次のように設定されます。

  • HTTPメソッド:HTTPポスト
  • URL https://yourcompany.campfirenow.com/room/570279/speak.xml  注意:これは特定のチャットルームからのURLであり、追加する必要があります /speak.xml 最後まで
  • ユーザー名:## campfire_api.pass ##
  • パスワード :(認証トークンがユーザー名とパスワードとしてカウントされるパスワードは必要ありません)
  • アラートデータ: ## ALERTID ## ## LEVEL ## ## HOST ## ## DATASOURCE ## ## DATAPOINT ##:## VALUE ## ## THRESHOLD ##(## ALERTSTATUS ##) https://<MY-SITE>.logicmonitor.com/santaba/uiv3/alert_mobile/index.jsp#detail~id=LME254587&type=eventAlert
  • データ形式:XMLデータ

3.アラートルールとエスカレーションチェーンを構成します

作成したカスタムHTTPアラート配信方法(この例では「to_Campfire_TechOps」)は、すべてのユーザーの新しいアラート宛先になりました。 キャンプファイヤーの目的のために、あなたは単にしたいと思うでしょう この新しいアラート宛先を持つXNUMX人のユーザーを任意のエスカレーションチェーンに追加します キャンプファイヤールームへのメッセージをチェーンの一部にしたい場合。 以下の例では、ユーザーBillを選択しました。 異なるユーザーを使用する場合の唯一の違いは、アラートデータの「## ADMIN ##」トークンが参照されているかどうかです。 そのトークンが存在する場合、アラートが生成されているユーザーよりも置き換えられます。 この場合、## ADMIN ##を参照していないため、 アクティブユーザー 働くでしょう:

3.HTTP配信方法をエスカレーションチェーンに追加します

「CampfireErrors」エスカレーションチェーン(定義されたルールのルーティングに従う)にヒットしたアラートは、指定されたCampfireルーム(「TechOps:この例では)」にアラートメッセージを送信するようになりました。

記事上で