サポートセンターホーム


RabbitMQモニタリング

次の記事では、RabbitMQモニタリングの設定について説明します。 LogicMonitorは、RabbitMQサーバーのノードパフォーマンスとキュー統計の両方を収集するために完全に装備されています。 

開始するには、LogicMonitorのRabbitMQデバイスまたはグループで次のプロパティを設定する必要があります。 

  • rabbitmq.user = [RabbitMQユーザー名]
  • rabbitmq.pass = [RabbitMQパスワード]
  • rabbitmq.port = 15672
  • rabbitmq.apiurl = [あなたのRabbitMQAPIURL]
  • system.categoriesには「RabbitMQ」が含まれています

上記の最初のXNUMXつのプロパティは、次のコマンドを使用して定義できます。

  • defrabbitPort = hostProps.get( "rabbitmq.port");
  • defrabbitUser = hostProps.get( "rabbitmq.user");
  • defrabbitPass = hostProps.get( "rabbitmq.pass");
  • defrabbitAddr = hostProps.get( "rabbitmq.apiurl");

次に、上記で追加された更新されたユーザーは、監視特権を有効にする必要があります。 これを行うには、RabbitMQターミナルに次のコマンドラインを入力します。

   sudorabbitmqctl set_user_tags モニタリング

AWS EC2でRabbitMQを実行している場合は、RabbitMQのサポートサイトにリストされている次の管理プラグインも追加する必要があります。 こちら。 RabbitMQからこれらの手順を完了した後、次のコマンドを入力して管理プラグインを有効にします。 

   rabbitmq-pluginsはrabbitmq_managementを有効にします

最後に、ポート15672のインバウンド/アウトバウンドルールがコレクターアクセスを許可するように構成されていることを確認する必要があります。 デフォルトでは、RabbitMQポートは 5672 しかし、その管理は 15672。 そのため、コレクターへのアクセスには後者が必要です。