サポートセンターホーム


Dockerモニタリング

Docker LogicModuleは、Dockerコンテナ内のリソース使用量を監視します。 これを行うには、Dockerサービス内に「cAdvisor」監視コンテナーをインストールする必要があります。

注意: cAdvisorはRHEL7.6では機能しません。

cAdvisorのインストール

cAdvisorをインストールするには、Dockerホストで次のコマンドを実行します。

sudo docker run \ --volume = /:/ rootfs:ro \ --volume = / var / run:/ var / run:rw \ --volume = / sys:/ sys:ro \ --volume = / var / lib / docker /:/ var / lib / docker:ro \ --publish = 8080:8080 \ --detach = true \ --name = cadvisor \ google / cadvisor:latest

cAdvisorが実行されると、LogicMonitorはインスタンスとしてコンテナを検出し、データの収集を開始します。

参照する https://github.com/google/cadvisor/ cAdvisorの機能とインストール手順の詳細については。

RHELとCentosでのcAdvisorの実行

RHELおよびCentosシステムでは、cAdvisorが正しく動作するように、次のインストールオプションを追加する必要があります。

  --privileged = true \ --volume = / cgroup:/ cgroup:ro \

DockerでcAdvisorを実行する

古いバージョンのDocker(<1.2)では、ルートボリュームアクセスオプションを次のように指定する必要がある場合があります。

  --volume = //:/ rootfs:ro \

記事上で