サポートセンターホーム


CohesityDataProtectおよびDataPlatformモニタリング

概要

LogicMonitorのCohesity監視パッケージは、Cohesity REST APIからのアラートを利用して、Cohesity保護ジョブおよびその他のプロセスのステータスを監視およびアラートします。 LogicMonitorは、XNUMXつのプラットフォームで、ストレージ容量やIOPSなどのCohesityプラットフォームのさまざまなメトリックも監視します。

互換性

2020年XNUMX月の時点で、LogicMonitorのCohesityモニタリングパッケージは以下と互換性があることがわかっています。

  • Cohesity RESTAPIのバージョン6.4.1以降
    • 一部のLogicModuleは、APIのバージョン6.3.1で動作します
    • LogicModulesは、6.3.1未満のバージョンではテストされていません。

CohesityがCohesityDataProtectおよびDataPlatformの新しいバージョンをリリースすると、LogicMonitorは必要に応じてカバレッジをテストおよび拡張します。

セットアップ要件

SNMPを有効にする

このパッケージのLogicModuleのいくつかは、Cohesityハードウェアでのみ機能します。 これらのLogicModuleがデータを正常に収集するには、SNMPをCohesityサーバーホストで構成する必要があります。 SNMPアクセスを必要とするLogicModuleは、 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。

モニタリングへのリソースの追加

Cohesityシステムのフルネームを使用して、Cohesityプラットフォームを監視に追加します。 APIエンドポイントのIPアドレスも機能しますが、DNS名が優先されます。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

資格情報を取得する

LogicMonitorは、Cohesity REST APIに正常にアクセスするために、適切な資格情報を提供する必要があります。 これらの認証情報は、読み取り専用アクセス権を持つCohesityAPIユーザーに属している必要があります。 ベストプラクティスとして、APIユーザーに必要以上の特権を与えないでください。 管理者レベルのアクセスは必要ありません。 次のセクションで説明するように、これらの資格情報はCohesityリソースのプロパティとして入力されます。

リソースへのプロパティの割り当て

次のカスタムプロパティは、LogicMonitor内のCohesityDataPlatformリソースに設定する必要があります。 プロパティの設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ
cohesity.user RESTAPIユーザー名
cohesity.pass RESTAPIパスワード
cohesity.domain Cohesityユーザーのドメイン。 デフォルトは「ローカル」です。
さまざまなSNMP資格情報

(SNMP資格情報を確立するために必要なプロパティは異なります)
ハードウェアLogicModulesでのみ使用されます。 SNMP資格情報を確立するために必要な個々のプロパティは、使用されているSNMPバージョンによって異なります。 見る 認証資格情報の定義 詳細については。

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorパブリックリポジトリから、にリストされているすべてのCohesityLogicModuleをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。

LogicModulesがインポートされると(以前のセットアップ要件がすべて満たされていると仮定して)、データ収集が自動的に開始されます。

トラブルシューティング

Cohesity Troubleshooter DataSourceのインスタンスがリソースツリーに表示される場合は、ログオンに失敗している可能性があります。 に割り当てられている値を確認してください cohesity.user, cohesity.password 影響により cohesity.domain プロパティ。

また、Cohesityリソースによって使用されるLogicmonitorCollectorがCohesityプラットフォームのURLにアクセスできることを確認してください。 コレクターから、アクセスしてみてください https://hostname/ irisservices / api / v1 コラボレー hostname Cohesityサーバーの名前です。 このサイトでユーザー名とパスワードの入力を求められるはずです。

レガシーLogicModulesからの移行

2020年XNUMX月、LogicMonitorはLogicModules forCohesityの公式製品パッケージをリリースしました。 一部のお客様は、試作段階のCohesityLogicModuleを使用している場合があります。

現在、これらの実稼働前のLogicModuleのいずれかを使用してCohesityを監視している場合、新しいものをインポートしてもデータが失われることはありません。 これは、モジュールの上書きを排除するために名前が変更されたためです。

ただし、LogicModuleの両方のセットがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信します。 このため、新しいセットをインポートし、新しいパッケージがご使用の環境で意図したとおりに機能していることを確認した後、試作セットを無効にすることをお勧めします。

データソースを無効にすると、ホストへのクエリとアラートの生成が停止しますが、すべての履歴データは保持されます。 ある時点で、レガシーデータソースを完全に削除したい場合がありますが、削除するとすべての履歴データが失われるため、この移動を慎重に検討してください。 データソースの無効化の詳細については、を参照してください。 データソースまたはインスタンスの監視を無効にする.

パッケージ内のLogicModules

Cohesityモニタリング用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名 種類 製品説明
addCategory_Cohesity プロパティソース ホストがCohesityDataProtectまたはDataPlatformであり、API資格情報が機能しているかどうかを識別し、「cohesity」の値をに割り当てます。 system.categories プロパティ。
Cohesity_DataPlatform_Alerts イベントソース CohesityAPIからのアラームイベント。
コヒシティ基本ストレージ データソース クラスタの基本的なストレージ情報を収集し、ストレージ使用量が95%を超えるとアラートを出します。 CohesityのAPIがバージョン6.3.1以下の場合、すべてのフィールドにデータが入力されるわけではありません。
コヒシティClusterStatus データソース クラスターのステータス。 クラスターは、操作を使用してクラスターのステータスを追跡します。
凝集性消費者統計 データソース Cohesityコンシューマーからの統計を監視します。 APIバージョン6.4以降。
コヒシティファン データソース ファンを検出し、各ファンの速度と状態をポーリングします。 SNMPを使用します。
コヒシティノード統計 データソース クラスター内のノードの統計。
コヒシティノードのステータス データソース ノードの現在のステータス。 APIバージョン6.4.1以降。
コヒシティノードステータスV6.3 データソース ノードの現在のステータス。 APIバージョン6.3.1以下。
コヒシティ電源 データソース 電源装置を検出し、各電源装置の状態とワット数を監視します。 SNMPを使用します。
コヒシティProtectedObjects データソース Cohesityによって保護され、保護されないままになっているオブジェクト。
凝集性保護ジョブ データソース 保護ジョブのステータスと情報。
凝集性トラブルシューター データソース CohesityAPI資格情報を確認します。
コヒシティビュー データソース データプラットフォームでのビューの使用状況を監視します。 アラートはCohesityで設定されます。

このパッケージのほとんどのデータソースには、事前定義されたデータポイントしきい値が含まれていません(つまり、収集されたデータに基づいてアラートがトリガーされることはありません)。 これは、ほとんどのアラートがCohesityによってアラートシステムを通じて提供されるためです。

事前定義されたデータしきい値を持つLogicModuleの場合、LogicMonitorは、それらを設定する際に、テクノロジ所有者のベストプラクティスKPIの推奨事項に従いました。

環境の固有のニーズを満たすためにデータポイントのしきい値を追加または調整する場合は、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で