サポートセンターホーム


グループレベルのしきい値を更新する

LogicMonitorのRESTAPIを使用して、特定のデータソースのグループレベルのしきい値を更新できます。

注:すべてのAPI呼び出しと同様に、 認証が必要です.

HTTPメソッド:PUT

URI:/ device / groups / {groupId} / datasources / {datasourceId} / alertsettings

どこ:

  • {groupId}は、しきい値を表示するグループのIDです。 GETリクエストからグループIDを取得できます グループリソース.
  • {datasourceId}は、しきい値を表示するデータソースのIDです。 / device / groups / {groupId} / datasourcesにGETリクエストを送信すると、データソースIDを取得できます。

リクエストパラメータ: PUTリクエストには次のパラメータを含めることができます。

グループレベルのしきい値を更新するときは、リクエストにJSONオブジェクト「dpConfig」を含める必要があります。 このオブジェクトには、XNUMXつ以上のデータポイントのしきい値を含める必要があります。データポイントごとに次の項目を指定できます。

プロパティ

必須?

製品説明

dataPointId いいえ–dataPointIdとdataPointNameのいずれかが必要です 更新するしきい値に関連付けられているデータポイントのID
データポイント名 いいえ–dataPointIdとdataPointNameのいずれかが必要です 更新するしきい値に関連付けられているデータポイントの名前
alertExpr いいえ–デフォルトはしきい値なし データポイントに関連付ける必要があるしきい値。 演算子と各しきい値の間にスペースが必要であることに注意してください(例:> 1 2 3)
無効にするアラート いいえ–デフォルトはfalse データポイントのアラートを無効にするかどうか

次のPythonスクリプトは、StatusCheckFailed_Systemデータポイント、データソース1(AWS_EC678データソース)、グループ2のグループレベルのしきい値を55より大きく設定します。

#!/bin/env python

import requests
import json
import hashlib
import base64
import time
import hmac

#Account Info
AccessId ='48v2wRzfK94y53sq5EuF'
AccessKey ='H_D9i(f5~B^U36^K6i42=^nS~e75gy382Bf6{)P+'
Company = 'api'

#Request Info
httpVerb ='PUT'
resourcePath = '/device/groups/55/datasources/678/alertsettings'
queryParams =''
data = '{"dpConfig":[{"dataPointName":"StatusCheckFailed_System","alertExpr":"> 1"}]}'

#Construct URL 
url = 'https://'+ Company +'.logicmonitor.com/santaba/rest' + resourcePath +queryParams

#Get current time in milliseconds
epoch = str(int(time.time() * 1000))

#Concatenate Request details
requestVars = httpVerb + epoch + data + resourcePath

#Construct signature
signature = base64.b64encode(hmac.new(AccessKey,msg=requestVars,digestmod=hashlib.sha256).hexdigest())

#Construct headers
auth = 'LMv1 ' + AccessId + ':' + signature + ':' + epoch
headers = {'Content-Type':'application/json','Authorization':auth}

#Make request
response = requests.put(url, data=data, headers=headers)

#Print status and body of response
print 'Response Status:',response.status_code
print 'Response Body:',response.content
Pythonの3