サポートセンターホーム


アラート配信のテスト

概要

大規模な環境では、アラートルールの複雑なネットワークが存在する可能性があり、アラートルールの優先度とワイルドカードの一致がどのように実行されるかを確実に予測するのは難しい場合があります。 このため、通常、LogicMonitorでアラート配信をテストして、アラートが意図したとおりにルーティングされていることを確認することをお勧めします。 アラートルーティングテストは、インスタンス、EventSources、ConfigSources、およびクラスターアラートに対して実行できます。

アラートルーティングテストは、一致するアラートルールを見つけて、そのルールの指定されたエスカレーションチェーンの受信者に配信するために、トリガーの静的テストを実行します。 日常の状況でアラートがトリガーされたときに発生する可能性のある動的な状態は考慮されません。 たとえば、実際には、アラートをトリガーするリソースがSDTにある場合、または動的しきい値や根本原因分析などのAIOps機能を使用してアラートが評価される場合、結果の通知ルーティングが抑制される可能性があります。

リソースによってトリガーされたアラートのアラート配信のテスト

デバイスとリソースに関連付けられたアラートのアラート配信をテストするには、[リソース]ページに移動し、リソースツリーで適切なDataSource / DataSourceインスタンス、EventSource、ConfigSource、またはクラスターアラートを見つけます。 (アラートチューニング、アラートルーティング、またはクラスターアラートタブ(テストしているアラートをトリガーしているものに応じて)を開き、アラートルーティングアイコンをクリックします。 次に示すように、[アラートルーティング]ダイアログが開き、各アラート重大度レベルのルーティングの詳細(つまり、一致するアラートルールとその指定されたエスカレーションチェーン)が表示されます。

アラートルールに一致する重大度レベルごとに、[ テストアラートを送信する ボタンをクリックして、合成アラートを生成し、目的の受信者が実際にアラート通知を受信することを確認します。

注意: 合成テストアラートはエスカレーションされません。 これらは、対応するエスカレーションチェーンの受信者の最初のステージにのみ送信されます。

注意: 合成アラートメッセージは、LogicMonitorのデフォルトのグローバルアラートメッセージテンプレートを使用します。 アラートトークンの追加などのカスタマイズは、テスト中に無視されます。 カスタマイズをテストするには、ライブアラートを使用する必要があります。 アラートメッセージテンプレートの詳細については、を参照してください。 警告メッセージ.

Webサイトによってトリガーされたアラートのアラート配信のテスト

Webサイトのアラート配信テスト(WebチェックおよびPingチェック)は、Webサイトページから実行されます。 具体的には、WebまたはPingCheckの[管理]ダイアログからテストします。 詳細については、を参照してください。 Webチェックの追加 影響により pingチェックの追加 それぞれ。

アラート配信のトラブルシューティング

アラート通知が目的の配信先に届かず、その理由がわからない場合は、を参照してください。 アラート配信のトラブルシューティング 一般的な問題について。

注意: にルーティングされるアラート通知 アラートの統合 サードパーティアプリケーションでアラートを作成するだけでなく、アラートを更新するように統合が構成されている場合にのみテストできます。 LogicMonitorアラートに基づいてチケット(または同等のもの)を作成するように構成されているが、アラートが確認応答、エスカレーション、またはクリアされたときにそれらのチケットを更新しないように構成された統合は、テストアラートを正しく送信しない場合があります。

記事上で