デルSCモニタリング

最終更新日: 17 年 2023 月 XNUMX 日

概要

Dell SCは、Dell StorageCenterまたはDellEMC StorageCenterとしてブランド化されたストレージシステムです。 LogicMonitorは、Dell SCベースのシステムにすぐに使用できる監視を提供し、ファンRPM、ファンステータス、温度、ディスクステータス、ヘルスステータス、グローバルオブジェクト数統計などのストレージデバイスのさまざまなメトリックを監視できるようにします。

互換性

2020 年 XNUMX 月現在、Dell SC 用の LogicMonitor のパッケージは、次の Dell SC ベースのシステムと互換性があり、次のモデルをサポートしています。

  • Dell Compellent(SC4020、シリーズ40)
  • デルのストレージ(SC5020、SC5020F、SC7020、SC7020F、SC8000、SC9000、SCv300、SCv360、SCv2000、SCv2020、SCv2080、SCv3000、SCv3020、SCv3200)。

注: で説明したように DellCompellentからDellSCLogicModulesへの移行 このサポート記事のセクションでは、Dell SCパッケージ(Dell Compellent LogicModulesではなく)を使用して、上記のシステムを監視する必要があります。 ただし、上記にリストされていないCompellentシステムを監視するには、Dell Compellent LogicModulesを(引き続き)使用する必要があります。

セットアップ要件

モニタリングへのリソースの追加

Dell SC デバイスを監視に追加します。 デバイスの IP またはホスト名を IPアドレス/ DNS名 フィールドまたは監視は失敗します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加

SNMPを有効にする

データソースがデータを正常に収集するには、DellSCホストでSNMPを構成する必要があります。 使用されるSNMP値の詳細については、を参照してください。 Dell Storage Centerオペレーティングシステム(MIB)

SNMP資格情報を入力してください

LogicMonitorは、SNMPを介してDell SCシステムに正常にアクセスするために、適切な資格情報を提供する必要があります。 LogicMonitor内のリソースのプロパティとして適切な資格情報を設定する方法については、を参照してください。 認証資格情報の定義

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorリポジトリから、にリストされているすべてのDell SCLogicModuleをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。

LogicModuleがインポートされると(以前のすべてのセットアップ要件が満たされていると想定)、Dell SCLogicModuleのスイートが自動的にデータの収集を開始します。

DellCompellentからDellSCLogicModulesへの移行

Dell SC 監視パッケージ (このパッケージ内のすべてのデータソース名の先頭に「Dell_SC」が付加されます) は、すべての Dell Compellent および Dell SC Compellent LogicModules (名前の先頭に「Dell_Compellent」および「Dell_SC_Compellent」がそれぞれ付加されます) を置き換えて、次のいずれかを監視することを目的としています。上記のシステム。

Dell SC 監視パッケージが追加されたのは、最近のハードウェアでは、Dell が古い 1.3.6.1.4.1.16139 から移行するにつれて、温度、ファン、ファンの状態、およびその他のデータなどの重要なデータの検出と収集が信頼できなくなっていることが判明したためです。 1.3.6.1.4.1.674.11000.2000.500.1 Compellent テクノロジー OID を新しい XNUMX Dell Storage Center OID に。 Dell SC パッケージは、後者の OID のみを検出と収集に使用します。

新しいDellSCデータソースと古いDell(SC)Compellentデータソースの両方で互換性のあるDell SCデバイスを監視している場合、アラートが重複して表示されることがあります。 このため、Dell SCデータソースの新しいセットをインポートし、ご使用の環境で意図したとおりに機能していることを確認した後、Dell CompellentDataSourceを無効にすることをお勧めします。

データソースを無効にすると、ホストへのクエリとアラートの生成が停止しますが、すべての履歴データは保持されます。 ある時点で、データソースを完全に削除したい場合がありますが、削除するとすべての履歴データが失われるため、この移動を慎重に検討してください。 データソースの無効化の詳細については、を参照してください。 データソースまたはインスタンスの監視を無効にする.

注:新しいDell SCパッケージは、古いCompellentシステムでは機能しません(サポートされているモデルのリストを参照してください。 互換性 このサポート記事のセクション)。したがって、これらの古いシステムの監視を継続する場合は、関連するCompellentDataSourceを無効にしないでください。

パッケージ内のLogicModules

LogicMonitor の Dell SC 用パッケージは、次の LogicModule で構成されています。 完全にカバーするには、これらの LogicModules がすべて LogicMonitor プラットフォームにインポートされていることを確認してください。

名前種類説明
addCategory_Dell_SCプロパティソースDell SC ホストを識別し、「Dell_SC」のシステム カテゴリを適用します。
Dell_SC_キャッシュデータソースDellSCシステムのキャッシュとキャッシュバッテリーのステータスを表示する
Dell_SC_Controller_Leader_ステータスデータソースDellSCコントローラのステータスとリーダーのステータスを監視します
Dell_SC_Controller_VoltageデータソースDellSCシステムの電源電圧のステータスを返します
Dell_SC_Disk_InfoデータソースDell SCシステムからポートの種類、サイズ、ステータス、および状態に関するディスク情報を収集します
Dell_SC_DiskFolder_SpaceデータソースDellSCシステムのディスクサイズとフォルダスペースの情報を表示します
Dell_SC_DiskFolder_StatusデータソースDellSCシステムのDiskFolderステータスを監視します
Dell_SC_エンクロージャー_ステータスデータソースDellSCシステムのエンクロージャのステータスを監視します
Dell_SC_ファンデータソースDellSCシステムのファンRPMとステータスを監視します
Dell_SC_IOモジュールデータソースDellSCシステムのioモジュールステータスを監視します
Dell_SC_Object_CountデータソースDell SCデバイスのサーバー、ディスク、ボリューム、および再生回数を監視します
Dell_SC_PathConnection_StatusデータソースDell SCサーバーのステータス、接続ステータス、およびパス数を監視します
Dell_SC_電源データソースDellSCシステムの電源装置のステータスを監視します
Dell_SC_システム_ステータスデータソースDellSCシステムのシステムステータスを監視します
Dell_SC_温度データソースDellSCシステムの温度と温度ステータスを監視します
Dell_SC_ボリュームデータソースDellSCシステムのボリュームステータス情報を監視します

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で