アプリケーションインストルメンテーションの概要

アプリケーションをインストルメント化すると、LogicMonitorがアプリケーションのトレースデータを監視できるようになり、インフラストラクチャでアプリケーションがどのように実行されているかを確認できます。 アプリケーションのインストルメント化には、アプリケーションにコードを挿入して、トレースデータをLogicMonitorに送信できるようにすることが含まれます。

OpenTelemetry APIおよびSDKを使用して、可観測性のためにトレースデータをLogicMonitorポータルにインポートできます。 OpenTelemetryを使用したアプリケーションのインスツルメンテーションの詳細については、OpenTelemetryのを参照してください。 計測 のドキュメントで詳しく説明されています)。

LogicMonitorポータルの外部でアプリケーションをインストルメント化するために使用できるXNUMXつの方法があります。 アプリケーションをインストルメント化した後、アプリケーションがトレースデータを出力し、そのデータをLogicMonitorに転送できるようにする必要があります。 次の方法を使用して、アプリケーションをインストルメント化できます。

  • 自動計装-使用可能なライブラリがある場合は、OpenTelemetryクライアントライブラリを使用して、アプリケーションを自動的にインストルメント化できます。 LogicMonitorは、ポータルに直接ウィザードを提供します。 ウィザードは、一部のアプリケーションを自動的に計測できるようにするクライアントライブラリを提供します。
  • 手動計装-OpenTelemetry APIとSDKを使用してアプリケーションにコードを記述し、トレースデータをキャプチャして送信できます。 このインストルメンテーション方法は、LogicMonitorがトレースデータをサポートするすべてのアプリケーションに使用できます。 この方法では、トレースデータをLogicMonitorに転送する必要があります。

一部のアプリケーションでは、両方のインストルメンテーション方法を使用する必要があります。

LogicMonitorは、次の言語固有のアプリケーションのインストルメンテーションをサポートします。

Languageサポートされている最小バージョン自動的に計測LogicMonitorのウィザードを使用して自動的に計測手動で計測
.NET.NET Framework 4.6.2 以降
.NETCore3.1以降
Go1.16以降に移行
JavaJava8以降
Javascriptをすべてのバージョンのサポート
Node.jsNode.js8.12.0以降
Python Python3.6以降
Ruby Ruby2.5以降

注意: この表にリストされていないOpenTelemetryコードインストルメンテーションがサポートする言語からLogicMonitorにトレースデータを転送できます。
トレースデータの転送の詳細については、を参照してください。 インストルメント化されたアプリケーションからのトレースの転送.
OpenTelemetryがインストルメンテーションにサポートする言語の詳細については、OpenTelemetryのを参照してください。 計装 のドキュメントで詳しく説明されています)。