サポートセンターホーム


SNMPデータ収集

SNMPメソッドは、v3、v2c、v1の順に試行することから始まります。 見る SNMP資格情報とプロパティの定義 詳細情報を見るにはこちらをクリックしてください。

SNMPデータ収集方法に基づくデータソースは主に使用します 軽蔑 ホスト/デバイスにアクセスします。 デバイスがマルチインスタンス構造である場合、ActiveDiscoveryは snmpwalk (SNMP GETNEXT要求)インスタンスのワイルドカード値を識別します。

注意: 一部のレガシーハードウェアデバイスは、snmpgetではなくsnmpwalkメソッドで動作する可能性があり、その逆もあり、マルチインスタンス構成のこのデフォルトのアプローチには問題があります。.

以下は、ルーター上のファン用のマルチインスタンスSNMPデータソースの例です。

上のスクリーンショットでは、 コレクタ メソッドはSNMPを使用するように設定されています。

次に、データソースのActiveDiscoveryセクションはSNMPを使用して AD法:

世界 パラメーター 上で構成されたものは、OIDをウォークし、次のように各ファンインスタンスを識別する値を返します。

インスタンスの名前

ディスカバリータイプ 'value'に設定されます。これは、インスタンスの命名方法を定義します。

  • 値とは、ウォークした各OIDから返される値を意味します
  • ワイルドカードは、歩いたOIDのインデックスを意味します
  • ルックアップとは、ルックアップOIDから返される値を意味します(対象の値を含む別のOIDを参照します)

SNMPOID は.1.3.6.1.4.1.9.9.13.1.4.1.2に設定され、snmpwalkのルートのOIDを定義します。

デバイスでこのOIDのsnmpwalkを実行し、次の応答を受け取ったとします。

1 =>ファン1 =>ファン2 =>ファン2 =>ファン3

Active Discoveryプロセスは、次の名前と値を持つXNUMXつのインスタンスを識別します。

データポイント

Active Discoveryの結果のインスタンス値は、次に示すように## WILDVALUE ##トークンを使用してデータポイントOIDに代入されます。

データポイント

この例では、データソースは次のSNMPOIDから各インスタンスのデータポイント値を取得します。

  • .1.3.6.1.4.1.9.9.13.1.4.1.3.1
  • .1.3.6.1.4.1.9.9.13.1.4.1.3.2
  • .1.3.6.1.4.1.9.9.13.1.4.1.3.3
  • .1.3.6.1.4.1.9.9.13.1.4.1.3.4

各インスタンスには「ステータス」値があり、以下に示すように、ファンステータスグラフの「コード」に使用されます。

記事上で