MicrosoftAzureコンテナーインスタンスでのOpenTelemetryCollectorデプロイメントの構成

最終更新日: 21 年 2022 月 XNUMX 日

Microsoft Azure App Serviceを使用してアプリケーションを管理する場合は、AzureAppService上のそれらのアプリケーションからトレースデータを収集するように環境を構成できます。 これらのアプリケーションのトレースを収集するために、OpenTelemetryCollectorをAzureコンテナーインスタンスにデプロイできます。 これを行うには、Azureコンテナーインスタンスを作成し、コンテナーインスタンスにOpenTelemetryCollectorをインストールしてDockerコンテナーを実行します。

AzureContainerインスタンスにOpenTelemetryコレクターをデプロイするための要件

OpenTelemetryCollectorをMicrosoftContainerインスタンスにデプロイするには、次のものが必要です。

AzureコンテナインスタンスへのOpenTelemetryコレクターのデプロイ

保湿ケアを行うことで、水分と油分のバランスを整えていきましょう。 コンテナインスタンスを作成する マイクロソフトの クイックスタート:Azureポータルを使用してAzureにコンテナーインスタンスをデプロイする Azureコンテナインスタンスを作成するときにOpenTelemetryCollectorをデプロイするためのドキュメントと次の情報。

  1. 次の値を入力して、コンテナインスタンスを作成します。
    • リソースグループ:作成したリソースグループ
    • コンテナ名:コンテナの名前を入力します
    • 画像ソース:Docker Hub
    • 画像の種類:公開
    • 画像:logicmonitor / lmotel
    • OSタイプ:Linux
    • サイズ:最低1コアCPUと2GBメモリ
  2. ネットワーク設定に次の値を入力します。
    • ネットワークタイプ:プライベート
    • 仮想ネットワーク:作成した仮想ネットワーク
    • ポート:4317および4318(両方のポート番号のポートプロトコルに「TCP」を入力してください)
  3. 詳細設定には、次の変数を入力します。
    • LOGICMONITOR_ACCOUNT
    • LOGICMONITOR_ACCESS_ID
    • LOGICMONITOR_ACCESS_KEY
    • LOGICMONITOR_OTEL_NAME
  4. 該当する設定に追加の値を入力してから、コンテナを作成します。

コンテナーのログを表示して、AzureコンテナーインスタンスのOpenTelemetryCollectorの状態を確認できます。 詳細については、を参照してください。 コンテナログを表示する マイクロソフトの クイックスタート:Azureポータルを使用してAzureにコンテナーインスタンスをデプロイする のドキュメントで詳しく説明されています)。

アプリケーションをインストルメント化し、トレースデータをLogicMonitorに送信するように構成するには、を参照してください。 LogicMonitor用のMicrosoftAzureAppServiceでのアプリケーションの自動インストルメンテーション.

記事上で