GDコレクター32.000

GD Collector 32.000は、以前にリリースされたEACollector31.200に基づいています。

LogicMonitor GD Collector 32.000は03年2022月XNUMX日にリリースされ、次の変更が含まれています。

機能強化

  • LogicMonitor Collectorは、Collectorのインストール中に出荷されたjarファイルの変更を監視および識別するようになりました。 変更は、コレクターステータスページで強調表示されます。
  • AmazonJavaCorrettoをバージョン11.0.14.10.1にアップグレードしました。
  • [ログ]ページで、[レベル]列の値を数値ではなくテキストとして表示できるようになりました。
新しい価値古い値
"エラー"1
"警告"2
「情報」3
「secAuditSuccess」4
「secAuditFailure」5
  • Netflowコレクションを拡張し、より多くのデバイスをサポートするために、Netflow構成に次の改善が加えられました。
 新しい価値古い値
netflow.flowcache.duration2010
netflow.inserter.min.thread105
netflow.inserter.max.thread2010
netflow.inserter.queue.capacity5000200

さらに、次のNetflow構成が追加されました。

 デフォルト値
netflow.performance.versionv2
max.netflow.group10
max.devices.per.netflow.group100
netflow.db.connection.pool.size40

バグの修正

  • クレデンシャルのスラッシュ(例:abc \ efg)がコレクターでダブルスラッシュ(例:abc \\ efg)として表示されるThycoticボールトの問題を修正しました。
  • コレクターがWebページからのデータの収集を停止し、Webサイト/ WebサーバーからURLの末尾に余分なスラッシュ(/)が付いている別のWebサイトにリダイレクトされたときに、タスクタイムアウトエラーを表示する問題を修正しました。 この問題を解決するには、 webpage.normalize.uri プロパティがagent.confファイルに追加され、値が「true」に設定されました。 これにより、顧客はリダイレクトされたURLを手動で正規化できます。
  • Powershellスクリプトで一重引用符(')とともに使用される## WMI.PASS ##プロパティが、スクリプトファイルでWMIパスワードを公開したときに発生したセキュリティの問題を修正しました。
  • 空の文字列に正規表現グループメソッドを使用すると、インスタンスのグループ化が失敗する問題を修正しました。
  • JDBCドライバーが正しくロードされない問題を修正しました。 この問題を修正するために、agent.confファイルのJDBCデータ収集設定に次のプロパティが追加されました。
    • force.register.jdbc.drivers.enable = 真
    • force.register.jdbc.drivers.list =ドライバーの名前。 たとえば、com.sybase.jdbc4.jdbc.SybDriver
  • ScriptCacheに依存して比較的大きなペイロードを格納するモジュールが最新のEACollector31.100で失敗する問題を修正しました。 この問題を修正するには、agent.confファイルでプロパティの値を設定する必要があります コレクター.script.cache.isPersistence スクリプトキャッシュの「メモリ内」実装を有効にするには、「false」に設定します。 EA Collector 31.200でこの問題を回避するには、 コレクター.script.cache.isPersistence プロパティはデフォルトで「false」に設定されています。
  • SSEで特定されたスケーラビリティとパフォーマンスの問題を解決するために、EACollector31.200以降でSSEを一時的に無効にしました。 EA 31.200 for WindowsおよびLinux(ブートストラップおよびフルパッケージ)のすべての新しいCollectorインストールの場合、デフォルト構成 groovy.script.runner 「エージェント」に設定されています。
  • WindowsEventSourceアラート抑制の問題を修正しました。 イベントIDに基づいてアラートが抑制されるようになりました。
  • Windowsコレクターの場合、ログファイルEventSourcesが最後の行でアラートを送信できないことがある問題を修正しました。 この問題を修正するには、 eventcollector.logfile.autoAppendEndOfFile プロパティがagent.confファイルに追加され、その値はデフォルトで「false」に設定されています。 手動で「true」に設定すると、キャリッジリターンが自動的に追加され、最後の行が考慮されます。
記事上で