サポートセンターホーム


pingチェックの追加

概要

pingデバイスまたはWebサイトが稼働していてリッスンしていることを確認するために、ホスト名またはIPアドレスに定期的にpingを実行します。 LogicMonitorは、次のXNUMX種類のPingチェックをサポートしています。

  • 標準のpingチェック。 LogicMonitorインターフェイスでは単に「Pingチェック」と呼ばれる標準のPingチェックは、地理的に分散したXNUMXつ以上のチェックポイントの場所で実行されます。 これらの場所はLogicMonitorによってホストされ、ネットワークの外部にあります。 標準のPingチェックの目的は、外部がホスト名またはIPアドレスに到達できることを確認することです。
  • 内部pingチェック。 内部Pingチェックは、ネットワーク内部のXNUMXつ以上のコレクターによって実行されます。 内部pingチェックの目的は、ホスト名またはIPアドレス(ネットワークの内部または外部)がネットワークユーザーに利用可能であることを確認することです。

標準のPingチェックと内部Pingチェックを作成するプロセスはほとんど同じです。 このサポート記事では、両方のタイプのチェックの追加について説明しますが、特にチェックポイントの場所を特定するときに、構成が異なる場所を特定します。

注意: 構成済みのPingチェックで監視されるデータの種類と、そのデータがWebサイトページでどのように編成されているかについては、を参照してください。 ウェブサイトの監視とは何ですか?.

基本情報の構成

新しいPingチェックの作成を開始するには、[ ウェブサイト| 追加| pingチェック or ウェブサイト| 追加| 内部pingチェック、ネットワークの外部または内部の場所からpingを送信するかどうかによって異なります。 開いた[追加]ダイアログには、次に示す(および説明する)ように、提供する必要のあるいくつかの基本情報があります。

注意: Pingチェックは、LogicMonitorのAPIを使用して追加することもできます。 見る LogicMonitorのRESTAPIを使用する 詳細についてはこちら。

お名前

メディア お名前 フィールドに、新しいPingチェックのわかりやすい名前を入力します。

製品説明

メディア 製品説明 フィールドに、新しいPingチェックの範囲と目的を簡単に説明します。

ウェブサイトグループ

ノーザンダイバー社の ウェブサイトグループ フィールドのドロップダウンメニューで、既存のグループのリストからPingチェックが属するグループを選択します。 デフォルトでは、ルート(トップレベル)Webサイトグループが選択されています。

ホスト名またはIP

メディア ホスト名またはIP フィールドに、pingテストの送信先のホスト名またはIPアドレスを入力します。

送信するパケットの数

ノーザンダイバー社の 送信するパケットの数 フィールドのドロップダウンメニューで、Pingチェックのために送信するパケットの数を選択します。 LogicMonitorのデフォルトは50パケットですが、最大250パケットを送信するように選択できます。パケットはXNUMXつずつ送信され、各パケット間にXNUMXミリ秒の遅延があります。

チェックポイントの構成

[追加]ダイアログの[チェックポイント]セクションで、ping要求の送信元となる場所を指定します。 次のXNUMXつのサブセクションで説明するように、ここで使用できる場所のタイプは、標準のPingチェックと内部Pingチェックのどちらを追加するかによって異なります。

注意: デフォルトのチェックポイントが確立されていて、それらを使用または構築する場合は、 デフォルトのWebサイト設定を使用する オプションがチェックされています。 デフォルトのWebサイト設定の構成の詳細については、を参照してください。 ウェブサイトのデフォルト設定.

外部チェックポイント

標準のPingチェックを追加する場合、LogicMonitorによってホストされる地理的に分散したXNUMXつのチェックポイントがあり、そこからping要求を送信できます。

ping要求の発信元となる外部の場所の選択が終了したら、[ テスティング ボタンをクリックして、選択した場所がホスト名またはIPアドレスに正常にpingできることを確認します。

内部チェックポイント

内部pingチェックを追加する場合は、ping要求を送信するコレクターを指定する必要があります。 クリック + 次に示すように、ボタンをクリックしてコレクターをテーブルに追加します。

注意: 前述のように 役割、ダイアログのこの領域からコレクターを表示および選択できるようにするには、ユーザーアカウントに少なくともコレクターの表示権限が必要です。

アラートトリガーの構成

[追加]ダイアログの[アラートのトリガー]セクションで、Webサイトのアラートをトリガーするために満たす必要のある条件と、結果のアラートの重大度を指定します。 次に示す(および説明する)ように、このセクションには構成が必要なフィールドがいくつかあります。

注意: デフォルトのアラートトリガー設定が確立されていて、それらを使用または構築する場合は、 デフォルトのWebサイト設定を使用する オプションがチェックされています。 デフォルトのWebサイト設定の構成の詳細については、を参照してください。 ウェブサイトのデフォルト設定.

このWebサイトを実行する(X)分ごとに確認する

このフィールドのドロップダウンメニューから、指定されたチェックポイントがホスト名/ IPアドレスにpingを実行する頻度を選択します。 10分にXNUMX回からXNUMX分にXNUMX回までの範囲の頻度から選択できます。

それらのパケットの(X)%が(X)ミリ秒で返されるかどうかを確認します

この構成の250つのフィールドから、チェックが成功したと見なされるために返される必要のあるパケットの割合と指定された期間(ミリ秒単位で指定)を指定します。 パケットはXNUMXつずつ送信され、各パケット間にXNUMXミリ秒の遅延があります。 たとえば、デフォルトのXNUMXパケットをそのままにしておくと 送信するパケットの数 フィールドでは、1000つのパケットすべてを配信するのにXNUMXミリ秒(XNUMX秒)かかります。

注意: これらのXNUMXつのフィールドは、技術的には互いに独立して動作します。 いずれかの基準が満たされない場合(たとえば、返されたパケットが最小許容戻り時間より長くかかる場合、または返されるパケットの数が最小パーセンテージしきい値より少ない場合)、チェックは失敗したチェックと見なされます。

(X)がチェックに失敗した後…

このフィールドのドロップダウンメニューから、アラートがトリガーされるために失敗する必要がある連続チェックの数を選択します。

…複数の選択された場所の

このフィールドは前のフィールドに便乗します。 からのping要求が発生した場合に、異なるアラートの重大度を指定する機能を提供します 複数 XNUMXつのチェックポイントだけが失敗するのと比較して、チェックポイントは失敗します。 たとえば、前のスクリーンショットに示されているように、すべてのチェックポイントがXNUMXつの連続したチェックの失敗を報告した場合、重大度がクリティカルのアラートがトリガーされるように指定できます。

…選択したXNUMXつの場所の

このフィールドはまた、 (X)がチェックに失敗した後: フィールド。 複数のチェックポイントの失敗と比較して、XNUMXつのチェックポイントのみからのping要求が失敗した場合に、異なるアラート重大度を指定する機能を提供します。 たとえば、前のスクリーンショットに示されているように、XNUMXつのチェックポイントの場所でXNUMX回連続してチェックが失敗すると、重大度レベルの警告でアラートがトリガーされるように指定できます。

テストルーティング

Webサイトのアラートをトリガーするために満たす必要のある条件を構成したら、 テストルーティング ハイパーリンクを使用して、各条件に一致するアラートルールと、そのアラートルールに関連付けられているエスカレーションチェーンを確認します。

テストディスプレイから、 今すぐテスト ボタンを使用して、指定したエスカレーションチェーンの最初のステージに合成テスト通知を送信できます。

注意: 合成アラートメッセージは、LogicMonitorのデフォルトのグローバルアラートメッセージテンプレートを使用します。 アラートトークンの追加などのカスタマイズは、テスト中に無視されます。 カスタマイズをテストするには、ライブアラートを使用する必要があります。 アラートメッセージテンプレートの詳細については、を参照してください。 警告メッセージ.

アラートルールとそれに関連するエスカレーションチェーンの詳細については、を参照してください。 アラートルール.

プロパティの構成

プロパティをPingチェックに追加して、整理を容易にしたり、アラートメッセージテンプレートをカスタマイズしたりできます。 プロパティの追加と使用の詳細については、を参照してください。 ウェブサイトのプロパティ.

記事上で